貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ETCは便利なのか??

相棒のSWIFTに、ETCを装備した。
月に数回(下手すると数ヶ月に1回)しか高速道路を利用しない私にとって、正直不要だとは思うが、安く付けてくれる所があったので、取り付けをお願いした。

a0034589_14504911.jpg
エンジンをかけるたびに、『ETCカードを〜〜』と言われるのが、気に障る。
かと言って、音声案内をカットすると、カードの有無の確認を忘れてしまいそうなので、それもできない私はやはり、小心者。
ETCカードもクレジット会社に頼んで、早速無駄に高速道路に乗ってみた。
最初は、「本当に通れるんかいな?」と半信半疑で、後続車がないことを確認して、制限速度の”時速20キロ”で、そろそろとゲートに侵入。
「確認されました」の無機質なアナウンスが早いか、ゲートが開くのが早いか、とにかくあっけなく私のETC初体験が達成(?)された。

とりあえず、お得な利用方法を覚えないと、わざわざお金を払ってETCを装備した意味がないので、ネットで検索し、『マイレージ会員』とか言うのに、登録。
乗れば乗る程お得!らしいが、そんなに使わんかも・・・・。
利用するのも、よっぽど急ぎでなければ、『通勤時間帯割引』や『深夜割引』の時間帯を使う。
それにしても、割引を設定してくれるのはいいが、『通勤時間帯割引』ってどうなの?
通勤時の渋滞緩和のためには、その時間に車を使わないようにしないといけないんじゃないの?
確かに利用する人が多いので、ETC普及率を上げるためには有効かもしれないが、何かがずれている気がしてならない。

今後、一部の有料道路(首都高速など)は、ETCがなければ通行できなくなるらしいが、果たしてこんなに取り付けも面倒くさくて、無駄にお金がかかるものが、本当に”理想の料金徴収システム”と言えるのだろうか?
それに、高速道路が将来的に無料化するという話は、やはり夢物語でしかないということね(信じてたの?)。

そもそも、車には”ナンバープレート”という、車固有の番号が付いているのだし、運転免許証がないと、運転出来ないという法律もあるわけで、それに更にプラスするほどのものでもないと思うが。
・・・という理由でこれまで付けなかったんだけど、付けてしまった、というなんとも間抜けな話、でした。
[PR]
# by saka-zuu | 2008-04-30 15:04 | SWIFT
a0034589_19155390.jpgBullet For My Valentine、2年ぶりの新作。
かなりの紆余曲折を経て発表されたようだが、勢いはそのままに、成長を見せている。
音楽を分類するということは、あまり好きではないので、『ヘヴィメタル界の雄』とか言われているのは違和感があるが、確かに最近あまり元気のない(?)ヘヴィメタル界にとっては、救いの神的作品ではないだろうか。

1曲目で、タイトル曲の「Scream Aim Fire」のイントロのドラムからして、パワーがみなぎっている。
ヴォーカルが、喉の病気明けと言うことで、若干抑え気味だが、このアルバムは、それがいい方に出ている。
2曲目の「Eye of the Storm」、6曲目の「Deliver Us From Evil」あたりは、実にこの抑えたヴォーカルが、迫力を増幅している。
それと同時にメロディアスさが際立つ「Hearts Burst Into Fire」、「Forever and Always」でのポップさは、1stが好きだった人からしたら、賛否両論だろうが。

彼らがちょっと変わっているのは、今のイギリスから出てきたことだ。
イギリスでは、流行とは別に、あらゆる音楽がでてくるのではあるが、ここ最近こういうヘヴィな音は出てきていない気がする。
シンプルなパンクっぽいわかりやすい音が多く出てきてはいるが、メロディアスで、ハードで、それでいて流行もの的ではない、こんな音は大好きだ。
今回の来日公演には行けなかったが、出来れば福岡に来てくれないだろうか。
これから(既に?)期待の大きいバンドが出てきて、うれしい限りだ。
[PR]
# by saka-zuu | 2008-04-29 19:38 | MUSIC

大きく息を吸って〜!

a0034589_1193552.jpg
SWIFTを買う前に、一通り内装、外装、エンジン回り、下回りを見せてもらったのだが、ちょっと驚いたのが、エアクリーナーの配置場所。
シリンダーの真上というのは、少しでもフレッシュエアーを取り込みたいエアクリーナーの役割からして、どうなのだろう?
まあ、レーシングカーではないので、吸気温度に関して、そこまで神経質にならなくてもいいのだろうが、樹脂製のエアクリーナーケースを、なにもシリンダーの熱が直撃する位置に置かなくても、と思った。
もうちょっと工夫してくれれば・・・・。
そういえば、後付けのキノコ型のエアクリーナーは、ほとんどシリンダーとバッテリーの間のスペースに収まるように作られているんだな。
『それ付ければ?』という気もしないでもないが、そこまではしないつもりなので、まずは純正交換タイプを。

a0034589_11323735.jpg
エアクリーナーは、それこそ車を買い替えるごとに必ずと言っていい程変えているのだが、メーカーは決まっていないなあ。
メーカー直系のチューンナップブランド(MAZDASPEEDとか無限とか)だったり、HKSとかTRUSTだったり。
今回選択したのは、『MONSTER POWER FILTER』
SWIFTが、マイナーチェンジで1.2Lになったので、エアクリーナーも、変更になっていて、調べなければ、違うタイプを購入するところであった。

交換しての感想は、若干パワフルになった気もするが、・・・あまり変わらんね。
少しは燃費に貢献してくれるのかもしれないが、劇的に分かるものでもないから。
[PR]
# by saka-zuu | 2008-04-28 11:33 | SWIFT

日向ぼっこの季節です。

ブロゴをさぼっていても、アクセルの世話は休めない。
a0034589_1945644.jpg

日向ぼっこ用のタッパーが、小さくなったなあ〜。

そういえば、一時期、脱走することもあったが、最近は脱走しようとしても、成功することはなくなった。
大きくなったのに、どうしてだろうと思ったが、どうやら体が成長したと同時に、甲羅も成長して、バランス的にタッパーの淵を乗り越えられなくなったらしい。

a0034589_1948430.jpg

・・・じっと太陽を見る。
[PR]
# by saka-zuu | 2008-04-27 19:48 | アクセルの日記
a0034589_14111116.jpg
昨年、ブログを中断する直前にここで書いたのが、アークティック・モンキーズの1stアルバムの話であった。
この2ndアルバムが発売される直前のタイミングでもあり、このアルバムのことも書く予定であったのだが・・・・。

ということで、昨年春に発売された『Favourite Worst Nightmare』
すでに、1stアルバムで十分すぎるほどの才能を見せつけた彼らが、1年ほどのインターバルで2ndを発表してきたのは、異常なスピードと言える。
彼らからすれば、アイデアが溢れ出すぎて、どんどん形にしたかった、のかもしれないが、・・・さて。

先行シングルの『Brianstorm』のイントロから、思いっきり『アークティック節』炸裂!
1stと同じく、全編押しまくるのかと思いきや、若干聴かせる曲も織り交ぜるという、小器用さも見せる。
シンプルで、”走りまくる”ギターと、スピード感溢れるリズムの絶妙なバランスは健在。
1stとのあからさまな違いを見いだせぬが、彼らの特徴はしっかりと残したままの期待通りの音を楽しんだのだが・・・・。

昨年、私も足を運んだ『Summer Sonic 07』の”とり”が、彼らだった。
フェスでの珍道中はまたの機会に書くとして、メインで登場した彼らの勢いは、凄まじかった。
まだまだ初々しいステージングで、2枚のアルバムの曲をまんべんなく演奏し、約1時間程のステージを一気に聴かせた。

アルバムのイメージも、ライヴのイメージも、圧倒的に素晴らしい!
ただ、何かが足りない・・・・。
それは何か????
・・・彼らのせいではないのだが、どうも今後の展開が見えてこない。
もしかしたら、次にものすごい隠し球を用意しているのかもしれないし、1stアルバムが売れたから、とりあえず、2ndもその方向で、となったのかもしれないが。

次に必要なのは、変化を付けるプロデューサー?
グリーン・デイや、マイ・ケミカル・ロマンスのように、コンセプト性を持たせることが正解だとは全く思わないが、このままの音を鳴らし続けることが、彼らを支持しているファンの求めているものとは違う気がする。
・・・私の身勝手なわがままだとは思うけれど。
ただ、これだけの音を作れるバンドなので、どのような形にせよ、次が楽しみなのは言うまでもない。
このアルバムに満足しつつも、不安を持ちながら、次に期待を持たせる、私にとっては、ある意味理想的なアーティストと言えるだろう。
[PR]
# by saka-zuu | 2008-04-25 14:50 | MUSIC