貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Suede 『Coming Up』

a0034589_1624092.jpg昨年の夏、サマーソニック’07に、初参戦した。
結構仕事の忙しい時期だったので、土曜日1日しかいけなかったのだが。
とにかく、「安く、ロスなく見たい」という前提から、金曜深夜発の夜間バスで出発し、翌朝大阪会場に乗り込み、終わったら即バスで帰路につき、翌早朝に帰ってくるという強行軍。
「そんなに込んでないんだろうな〜」という甘い考えは、バスに乗り込んだ瞬間に吹き飛んだ。
バスは、最近の高速バスのような豪華仕様ではなく、普通の、オーソドックスな観光バス。
その狭い車内に、満員鮨詰め状態で、およそ片道8時間の長旅。
会場に着くと、快晴!、・・・焼けるような暑さ、・・・フェスって体力勝負なんだね。

行きは、ぎゅうぎゅう詰めだが、なんとか期待感で乗り切った。
帰りは、さすがに行きと同じ状態だと厳しいと思ったが、1日で帰る人が少ないこともあってか、人数は半分程度で、二人分のシートに横になって帰れた。
帰った直後は、「きつかったな〜、もう行かん」と思ったが、なんだか今年も行きたくなって来た。
メンバー的には、大阪会場は日曜日の方がそさそうなんだよなあ、あ〜困った。

フェスなので、とにかくどこかで誰かがライヴをやっているのだが、やはり見たいアーチストを中心に行動スケジュールを組んだ。
朝は、ジ・エナミーから始まって、ブレット・アンダーソン、スーサイダル・テンデンシーズ、マニック・ストリート・プリーチャーズ、オフ・スプリング、そしてとりはアークティック・モンキーズだ。

この中で、意外と一番よかったのが、ブレット・アンダーソン。
言わずと知れた、Suedeのヴォーカルである。
”意外と”と書いたのは、Suedeとしてではなく、ソロで来たので、もしかしたら昨年発売されたソロ・アルバムからの曲だらけで、Suedeの曲は申し訳程度にしかやってくれないのか、と思っていたから。
もちろん、それでも楽しみであるし、解散前のSuedeのステージを一度も見たことがない私にとって、パフォーマーとして評価の高いブレットをしっかり見たかったのだが。

ライヴは、屋内会場で、雰囲気としては、そこだけがフェスとは異空間であって、普通のライヴ感を漂わせていた。
そんな中、ジャケット姿のブレットが現れ、ソロ・アルバムからの『Love Is Dead』でスタート。
ソロ・アルバムそのものが落ち着いた雰囲気ということもあり、朗々と歌い上げるブレットの姿が、神々しくもあった。
そして、ライブも中盤にさしかかる頃に、いよいよSuedのヒット曲のオンパレードが始まった。
・・・凄い、凄い、素晴らしい。
くねくね踊って、手を空に振りかざすブレット・アンダーソンという男の、なんと美しいことか。
『Trash』、『Can't Get Enough』、『Everything Will Flow』、『We Are the Pigs』、『Filmstar』、・・・輝かしいばかりの名曲達が会場に降り注ぐ。
ラストの『Saturday Night』では、涙が止まらなかった。
とにかく、涙が止まらない、それも、”涙がにじんで、じ〜〜んと”ではなく、”号泣”なのである。
首にかけていたタオルが、30代後半のおっさんの涙でぐしょぐしょになる姿の、なんと恐ろしいものだろうか・・・、まあ、いい。
しかし、とめどなく流れる涙を拭うのは、ブレットの姿を見ていたかったから。
次は、フェスではなくて、ソロとしてでいいので、単独ライヴツアーで見てみたい。
福岡にも、来てね、・・・Suedeとしてなら、なお歓迎。

さて、Suedeの’96年発表の3枚目のアルバム『Coming Up』である。
単純に、ギターのバーナード・バトラーが抜けて最初のアルバムと言うことで、個人的にちょっと不安だったために、買ってから結構聴き込んだ覚えがある。
・・・それではまってしまったんだよなあ、このアルバムに。
ブリット・ポップという、訳の分からない分類で語られ、ブラーのデーモンには”薬中毒”扱いされ、強引にオアシスとかと較べられて、なんだか防戦一方だったイメージが強いSuedeだが、音楽的には、正統派のイギリスのロックバンドだったと思う。

結局、ブリット・ポップというムーブメントも、ヘヴィ・メタルとか、ヒップ・ホップとかのような、音としての分類でも、サイケデリック・ロックとか、グラム・ロックとかのような様式的分類でもないので、個人的には無視して来た。
・・・単に、イギリスのロックをひとまとめにしただけの言葉だし。

このアルバムは、彼らのアルバムの中では、多分最もヒットしたと思われる。
シングルの『Trash』は、CMにも使われてたんじゃないかな?
Suedeというバンドは、『きらびやか』、『華麗』、『妖艶』、『美しい』という、ロックバンドにはあまり使われない形容詞がふさわしいという意味では異質だ。
しかし、誤解を恐れずに書けば、”デヴィッド・ボウイー”から、”ニュー・オーダー”、”エコー&バニーメン”、そして”スミス”からの、脈々として流れる、『変態的(大変失礼な表現だが、もしかしたら褒め言葉かも・・・)ロックアーチスト』を引き継いだ、貴重なバンドであったのかもしれない。
結局、解散してしまったのだが、まあそれもいたしかたない。
ロックというものが、一瞬の輝きを紡ぎだし、それを消費していく文化だとすれば、彼らの10数年間は、『刹那的な美しさ』に溢れたものだったと思う。
[PR]
# by saka-zuu | 2008-05-13 17:21 | MUSIC
a0034589_15134679.jpg最近、JAZZを聴いている。
これまで、ロックを聴くのに手一杯で、他のジャンルに手が届かなかったのだが、『そろそろ、大人だし』というわけではないが、なんとなく軽く聴いてみようと思っただけで。

最初に手にしたのが、ハービー・ハンコックの『Flood: 洪水』。
・・・なぜ?と思われるだろうが。

まず、JAZZを聴くにあたって、困ったのが、どこから手をつけようか??ということ。
私に限らず、多くの方がまずこの難題にぶちあたると思われる。
しかも、ロックファンは、意外とひねくれているため(私だけ?)、なかなかJAZZに詳しいと思われる人に聞くことが出来ない。
内心『JAZZってどんなだろう・・・、聴いてみたいけど』と思っていても、外向きに『やっぱロックだよな!!!』と叫んでいる手前、なかなか素直になれなかったりするのだ。
そう考えてみると、本来”革新的”と言われるロックを聴く側が、意外と”保守的”だったりするのかもしれない。

ということで、JAZZへの入り口である。
まず、知っている名前を頭に浮かべてみると、このハービー、マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、ソニー・ロリンズ、え〜っと、他は・・・・。
この中で、アーチスト名と曲名が一致した上で聴いた覚えがあるのが、ハービーしかいなかった、という哀しい現実を踏まえた結果が、このアルバムであった。
・・・と言っても、ハービーの曲で知っていたのは、『ROCKIT』だけなんだけど。

ロックの聴き始めは、ラジオからなのだが、JAZZの聴き始めはそういう経緯である。
では、聴くアーチストは決まったとして、次は作品である。
CD屋に行くと、JAZZのCDをそこそこの枚数を揃えている所から、申し訳程度にしか置いていない所まで、様々。
え〜い、ネットで調べてしまえ〜、と言うことで、私的に最もテンションの高そうなアルバムが、これであった。

不思議に思ったのが、ハービーは別としても、やたらとライヴ盤が多いこと。
ロックを聴いていると、ライヴ盤とスタジオ盤は、全く別もの扱いが普通である(私だけかもしれないが)。
今では、スタジオ盤をリリースして、ライヴツアーに出て、それをCD化するのが常識になっている。
JAZZ特有(?)のインプロビゼーション(即興演奏)が主役なんだろうが。

この『Flood: 洪水』を何度も聴いて、素直に「凄い!」と思う。
日本のみのリリースだと言うことだが、・・・全世界の人に聴かせようよ!!
今見てみれば、彼のソロとしては、ベストメンバーによるベスト選曲ライヴである。
どの曲も、どこかで聴いたことがあるような名曲揃いだし、先述のように、圧倒的にハイテンションだ。
聴き込むごとに、ぐいぐいと引き込まれる。
そんなアルバムに、最初に出会えてよかったと、心から思う。

JAZZライヴの良さは、曲そのものもさることながら、その時にしか聴けない即興の素晴らしさも堪能できることであり、それはスタジオで計算づくでは生まれない、奇跡の瞬間を味わえることにあると、勝手に思ってしまった。
あ〜、ライヴが見たい。
[PR]
# by saka-zuu | 2008-05-10 15:45 | MUSIC

Carpenters 『Carpenters』

a0034589_13201656.jpgゴールデンウィークが終わって、すっかり怠けくせが抜けない今週は、はっきり言って仕事にならない。
憂鬱な気分で思い出したのが、『雨の日と月曜日は/カーペンターズ』。
そう言えば、ここ最近、’70年代、’80年代のCDをよく聴いている。
というか、中古CD屋でやけにそのくらいのCDを安く購入している。
この『Carpenters(邦題:スーパースター)』も、そんな経緯で手にしたCDだ。
カーペンターズというグループ(あえてこう書くが)の個人的な印象としては、”良質なポップグループ”である。
私の知っている洋楽アーチストの中で、老若男女、あらゆる人に奨められる、数少ないグループである。
もちろん、彼らの内情は苦悩の連続で、カレン・カーペンターの拒食症など、生み出される音楽程、平穏でなかったことはよく知られているが。
しかし、残されたそれほど多いとは言えない作品群は、それを全く思わせない美しさで、聴いている者に格別の安堵感を与えてくれる。

このアルバムは、先述の『雨の日と月曜日は』から始まる、’71年発売の3枚目のアルバム。
彼らの経歴等は、私のような”俄ファン”が偉そうに書き連ねる物ではないと思うので、資料を探してもらうとして。
個人的には、カレンがなくなった1983年あたりから洋楽を聴き始めているので、『カーペンターズ』として意識したのは、その後ということで、現体験で聴いていたわけではない。
ただ、やはりそれ以前にもテレビ、ラジオで何気なく聴いてはいたので、「この曲もカーペンターズなのか?」ということがよくあったのを記憶している。
このアルバムの中にも、『バカラック・メドレー』の中の『(There's) Always Something There To Remind Me』が、ネイキッド・アイズ(懐かしい〜)のカヴァーしか聴いたことがなくて、「カーペンターズもやってたんだ〜、もとはバート・バカラックなんだ〜、へえ〜」と言う物もあった。
アルバムの一番の山場は、日本でのタイトルにもなった『スーパースター』だろう。
スローな曲調に、伸びやかなカレンのヴォーカルが圧巻。
彼らのベスト盤を作るときに、絶対に欠かせない名曲であるし、曲名やアーチスト名を知らない人でも、どこかで一度は耳にしているくらいよく使われている。
当時は、レコードだったので、この曲でA面が終わるのだが、B面の山場は、当然『バカラック・メドレー』だろう。
彼らのアルバムの中で、いくつかのメドレーがあるが、これはその中でも最高傑作といえるのではないだろうか。
解説を読むと、「オリジナルは8曲入りで、このヴァージョンは編集の都合で2曲削られている」と言うことだが、個人的にはかえってそれが丁度いい具合になっていると思う。
全体的に、オルガンをフィーチャーした、軽めだが計算し尽くされた、じつは手の込んだアレンジが素晴らしい。
そして、リチャードの美しいピアノソロと、カレンの静かなヴォーカルが絶妙な『サムタイム』で、アルバムは幕を閉じる。

彼らのアルバムを聴くと、すっかりひねくれた自分が、少し素直で、純粋な気持ちになる気がする。
飾った美しさではなく、素の美しさを、純粋に美しいと思える自分を「まだまだ、捨てたもんじゃないな」と自信さえ持てるようになる。
音楽の与えてくれる、様々なエネルギーの中でも、彼らが私に与えてくれる物は、そう言う意味では異質である。
これまでは、ベスト盤1枚で満足して、しかもそれもそんなにしょっちゅう聴いていなかったが、これから1枚づつゆっくりと彼らの魅力を堪能しながら、CDラックを埋めていこうと思う。
[PR]
# by saka-zuu | 2008-05-09 14:05 | MUSIC

Joe Jackson『Body And Soul』

a0034589_17192675.jpgゴールデンウィークは、家にいて、掃除をしたり、洗濯をしたり、亀の世話(水槽洗うだけだけど)をしたり、世間の浮かれ具合とは全くかけ離れた、地に足をつけた毎日を送っている。
出かける予定もないし、CDでも聴いてよう。

ジョー・ジャクソンという人をご存知だろうか?
アメリカやイギリスに行けば、あまりにも普通な名前のアーチストだが、彼の作る音楽は、全く”普通”ではない。
デビューアルバムの『LOOK SHARP!』は、パンク/ニューウェーブの頃に出たので、かなりロック色の強いアルバムであったし、その後のアルバムも、ジャズ、ファンク、レゲエなどを取り入れたバラエティに富んだものである。
とまあ、いい書き方をすればこうだが、出てくるアルバムが、毎回色合いが異なっているので、実につかみ所がない。
かといってそれらがクオリティ的に低ければ、ばっさり切り捨てられるのだが、恐ろしくクオリティの高いものであるので、始末が悪い。
例えば、毎回聴く方の期待を裏切らず、欲しているものをきっちり作ってくれるアーチストであれば、その日一日そのアーチストを聴いていれば、私は幸せなのだ。
しかし、これだけ趣の違うアルバムを、連続性なく作られると、聴いていて『一日ジョー・ジャクソン』、という気分にならない。
逆に、『毎日ジョー・ジャクソン』になってしまって、それはそれで困りものである。

そんなジョー・ジャクソンの、通算6枚目のアルバムが『Body And Soul』である。
発表されたのが1984年で、私が一番音楽をよく聴いていた時期である。
彼のアルバムとしては、前作の『Night & Day』の次に聴いたのだが、出色なのは、シングルヒットした『You Can't Get What You Want (Till You Know What You Want) 』と、『Happy Ending』の2曲。
毎回色合いが違うと書いたが、このアルバムは前作のイメージを踏襲し、ホーンをかなりフューチャーし、さらに洗練させた作りになっている。
そういう意味では、前作と本作は彼の歴史の中では、唯一連続性のある作品といえる。
ソニー・ロリンズのパロディのジャケットもいい。
夜、一人でスコッチ片手に聴くのも良し、雰囲気のいいBARで、グラス片手に飲むも良し。
私には、あまり縁のないシチュエーションだけれど・・・・。
[PR]
# by saka-zuu | 2008-05-04 17:48 | MUSIC

iPodデビュ〜! in SWIFT.

今日から、暫定税率の復活で、ガソリン価格が上昇した。
なぜか、このタイミングで石油元売りの値上がりも同時に行われ、店頭価格は30円程上昇。
昨日は、ガソリンスタンド付近はどこも大渋滞で、仕事の帰りは、頭の中でガソリンスタンドのない所を考えながら家路についた。
私の車は、ガソリンがそこそこ残っていたので、「空いていたら少しだけど入れようかな」位に考えていたが、・・・止めた。

それにしても、今回の暫定税率の有無による騒動は何だったのだろうか?
結局、振り回されたのは一般市民とガソリンスタンドで、誰も得をせず、損をさせられた感じが残った。
・・・いろいろな意味で。
私が以前から思っていたことは、『暫定税率も酷いけれど、税金の2重取りはもっと酷い!』ということ。
石油価格には、暫定税率も含め、60円弱のガソリン税が含まれている。
その石油価格にそのまま5%の消費税を乗っけていることに、大いなる違和感があるのは、私だけであろうか?
本来ならば、石油価格の税金分を引いた価格に消費税を掛けるべきではないのか。
それで安くなるのは、たった3円だが、まずはこういう『税金に税金を掛けるという矛盾』をひとつひとつ解決した上で、気持ちよく税金を納めさせてはもらえないだろうか。
民主党も、センセーショナルに”ガソリン値下げ隊”などという子供騙しをしたり、与党のように数で法案決議を放棄する前に、小さいけれど、こういう所にメスを入れる手法で政権政党に挑んでいただきたい。

a0034589_17444027.jpg
さて、私のSWIFTに新兵器(?)、iPodが乗ることになった。
前のAstiに付けていたCDデッキには、MP3再生機能が付いていて、PODCASTはCD-RWに取り込んで再生していたのだが、SWIFTのHDDナビには、それがない。
購入時に一番安いHDDナビを取り付けたからなんだけど。
普段は音楽を聴いているので、CDデータはHDDに取り込んでいるのだが、日々更新されるPODCASTをHDDに入れるのは面倒きわまりない。
ということで、家にある超旧式のiPod mini 4Gの出番である!
HDDナビ純正の接続コードの購入をうじうじと迷っていたら、ふら〜〜っと入ったカー用品店で、FMトランスミッター式が特価で売っていたので、衝動買いしてしまった。
音はまあFMトランスミッターなので、それなりだが、カップホルダーにすっぽり入って、なかなか納まりが良い。
シガーソケットが真上を向いているのが、どうもしっくりこないが、それは仕方ないか。
[PR]
# by saka-zuu | 2008-05-01 18:15 | SWIFT