貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

3枚目の「LIVE AT LEEDS」

a0034589_03517.jpg今さらながら、THE WHOの「LIVE AT LEEDS デラックス・エディション」を買った。
私は今年で36才なんで、このライブが行われたときは、1才。発売されたときも2才である。当然リアルタイムで聴いたわけではなく、中学生になって、洋楽に目覚めてから聴いている。最初の「LIVE AT LEEDS」は、レコードだった。実家にはあるが、今、手もとにないけど、たしか1800円くらいで購入したのを覚えている。
当時からひねくれ者だった私は、ビートルズより、ストーンズより、THE WHOやキンクスをよく聴いていた。THE WHOの最初に買ったレコードはなんだったろうか?多分、「トミー」だったと思う。いまでは、1枚のCDにおさまっている「トミー」だが、当時は、LPレコード2枚組。10数分おきに「よっこいしょ」っと腰を上げ、レコードを引っくり返していたっけ。
そして、最初の「LIVE AT LEEDS」。
たったの6曲!たったの40分弱!しかし、恐ろしくエネルギーのつまった、濃いアルバムであった。何度も何度も聴いた。大音量で聴いた。最初からスピーカーから歪んだ音が出た。それでもよかった。
当然、英語の全く分からない中学生には内容はよくわからない。しかし、洋楽を聴きはじめてから、そんなことはわかっていた。彼等のパワーがそれをまったく気にさせなかった。それ以来、音楽を「頭」で聴かなくなった。こっぱずかしいが、「心」で聴くようになった。
そして、2枚目の「LIVE AT LEEDS 25th ANNIVERSARY EDITION」。
「最初から出せよ!」と、一人で軽い突っ込みを入れながら名機DENON DCD1600にCDを入れる。聞き慣れたイントロは出てこない。CDならではのノイズの抑えられた、すんだ音。レコードとは違う、ちょっと抑えたイントロの「ヘブン&ヘル」から始まる。それから、徐々に盛り上げて行く。ライブの雰囲気を存分に伝える曲順が素晴らしい!レコードでは、針を置いた瞬間から一気に盛り上げ、血管が切れるのを防止するためにA面からB面に移るインターバルがもうけられていた(?)が、このCDは、全体のバランスで血管切れを防止している。助かった。しかし、日本語ライナーノーツに、このライブの全曲リストが・・・・。全部聴かせろよ・・・、と思いつつ一気に聴き続ける。
さあ、いよいよ、3枚目の「LIVW AT LEEDS DELUXE EDITION」。
1枚目から既に20年以上経っているだろうか?何度も何度も聴いたはずの「マイ・ジェネレーション」が、またまた感動を呼ぶ。こんなに完璧な「トミー」が、本当にライブでできたとは、このころのTHE WHOとは、一体どれだけのパワーを持っていたのか?血管は切れないが、涙腺が緩んできた。・・・もう、年なのかな。
もちろん、彼等からすれば、「小出し」にするつもりは当時はなかっただろう。レコードからCDに移行していくとともに、彼等のオリジナルアルバムにも大量の未発表曲が満載されて再発されている。ものによっては、オリジナルよりも遥かに多い未発表曲が収録されていたりする。正直、アーチスト自身が一度「お蔵入り」させたのを発表されるのはどうかと思う。しかも、全く流れを考えずに最後にごっそり入れてしまう。
私は、例え短くても、一つの作品として完結しているオリジナルアルバムが好きだ。それがアーチスト本人の意向ならば。

話は全くそれてしまったが、この「LIVE AT LEEDS」に関しては、3枚目の全曲収録が完璧である。レコードのフルスピードの格好良さも捨てがたいが、何しろ、CD2枚分のパワーは、計り知れない。

やっぱり、「ロック・オデッセイ」見に行こうかな・・・・。後悔するだろうな、きっと・・・・。もう、メンバーも半分になってしまったし。今からチケット取れるかな。
[PR]
# by saka-zuu | 2004-07-10 20:42 | MUSIC
近鉄とオリックスの合併発表から、どたばたと1リーグ化への再編が進んでいる。正確に言うと、パ・リーグの縮小、セ・リーグへの吸収合併というところか。
当然、ファンの声や、選手の声は完全無視。経営能力のない雇われ社長や、選手を商品としてしか見ていないオーナーの集まりで「それ」はすすめられている。

まず、届きはしないが、個人的な意見を述べたいと思う。主な内容は3つ。

<その1> 選手の年棒は高過ぎないか?

現在の2リーグ制になって、もう何十年経つのか。正直、これまで何もしてこなかったのは、オーナーだけでなく、選手会の怠慢でもある。まさか、選手も自分の収入のためだけに選手会を作ったのではあるまい。球団経営が赤字と言うのを知らないわけではあるまい。にもかかわらず、プロ野球の改革に一切関わったという実績がない。本来、選手会=組合ならば、チームが単独で経営を出来るようになって、そのうえで賃上げを要求するべきではないか?
よくメジャーリーグと年棒を比較しているが、そもそもメジャーリーグの選手と日本のプロ野球の選手とでは、与える夢の大きさが違う。高い年棒が欲しければ、メジャーリーグに流出してもいいのではないか?日本のプロ野球がメジャーリーグの2軍化するという意見もあるが、そんなことは絶対にない!それこそナンセンスだ。

<その2> 理想は、2リーグ制ではなく、3リーグ制だ!

現在、急速に1リーグ制への移行が進んでいるが、まず縮小は衰退につながる。私の理想は、2リーグ12チームではなく、ましてや1リーグ10チームでもない。3リーグ18チーム制である。
現状では不可能かもしれないが、前述の年棒縮小を行い、一時的にも軽い経営にすれば、不可能ではない。
仮定として話を進めてみよう。
まず、各1地区6チームで合計3地区を作る、のは不可能なので、まずは1地区4チーム合計12チームで3地区を作る。今の12チームを振り分ければいい。その上で試合数を振り分ける。地区内同士だけ140試合もしては面白くないので、当然インターリーグを行う。それも、全チーム同数ではなく。前年順位に応じて、試合数を振り分ける。
例として、前年首位チームの試合数の振り分けをしてみる。まず、同地区内3チームとは各20試合づつで合計60試合。他の2つの地区のそれぞれ首位チームと12試合で計24試合。2位チームと10試合で計20試合。3位チームと8試合で計16試合。最下位チームとは6試合で計12試合。1年間の試合数が合計132試合、これがレギュラーシーズンである。前年の成績に応じて、対戦相手が毎年変わる。2位以下も、勝率に応じて振り分ける。
そして、プレイオフ。各地区首位3チームと、2位チームの中で最も勝率のいい1チームの合計4チームでプレイオフを行う。当然最も勝率のいい首位チームが2位チームと、首位チームのなかで2番目3番目に勝率のいいチームがプレイオフを行う。5回戦3勝勝ち抜け。残った2チームで日本シリーズを行う。これは現状と同じ7回戦4勝勝ち抜けだろう。
これは、現状の12チームの場合。理想である18チームに膨らんだ場合は、変えて行けばいい。この「変える」ことが大切。

<その3> 2軍の完全独立採算制。

2軍独自のマイナー契約を認める。例えば、テスト生。ドラフト以外での入団は認められていない(外国人、自由契約選手、任意引退選手除く)が、2軍が独自で契約をして、1軍に呼ばれたら「レンタル」の形で貸し出す。そして「レンタル料」をもらう。認められて1軍での契約をすれば、「移籍金」をもらえる。当然1軍契約の選手が2軍で調整のときは、1軍からその分の負担金をもらう。
うまくやれば、十分に経営が成り立つと思うが。

以上が私の考えである。
現状のプロ野球のシステムでは不可能なことばかりである。選手の年棒縮小など、とうてい選手会も飲めないと思うが、1ファンとして思ったことを書いただけである。気に障った方は、すみません。

他にも書きたいことはあるけど、今日はこの辺で・・・・。
[PR]
# by saka-zuu | 2004-07-09 11:51 | プロ野球

本日公開です。

今日は、軽く、先日終了した、EURO2004の感想を。

意外や意外、ギリシャの優勝で終わった。
私の予想は、決勝がポルトガルVSオランダで、ポルトガルの初優勝!!、だったのだが。まあ、惜しいところだった。
今大会で顕著に表れたのが、サッカーのスタイルの違いで勝敗が分かれたこと。早々に消えたイタリア、フランス、スペイン等の優勝候補は、「点」と「点」でサッカーをしていた。決勝まで残ったが、ポルトガルの初戦がいい例。スペースを利用してフィールドを広く使うことをせず、個々の戦力に頼って、ピンポイントのパスでつなごうとする。2戦目以降に選手を入れ替えることでスタイルを変えてきたスコラーリはさすがと言っておこう・・・・。
対して、予想外に強かったギリシャ、デンマーク、スェーデン、チェコなどは、「面」と「面」でサッカーをしていた。決して個人能力がないわけでなく、全員を活かすサッカーと言おうか。見ていて面白くないと言えば面白くない。ただ、この2つのスタイルの悪いところをあわせたようなオランダがベスト4まで行ったのは???だが。
ただ一つ言えるのは、全戦テレビ観戦して、ギリシャの優勝が決してまぐれではなかった、と言うこと。強くはないけど、弱くない・・・、ってことか。

まあ、人それぞれあると思うし、今回の大会が「つまらなかった」という人もいる。しかし、何年かすると、EURO2004がきっかけだったね!と言われるような、奥の深い大会であればいいな、と思う。
[PR]
# by saka-zuu | 2004-07-08 00:34 | サッカー