貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0034589_23114095.jpg昨年、衝撃のデビューを飾った、アークティック・モンキーズの1stアルバム。
最近のイギリスのロック界は、こういうソリッドでシンプルなバンドが多くなってきた。
じっくり聴くようなものよりも、思わず体が動きだす音楽本来の本能に訴えかけるものが支持されるようになったのだろうか?

彼らの話とはすれるが、イギリスという国は、音楽の自浄作用がうまく働くところで、シンプルなものが台頭すると、大作主義的なものが出てきて、それが多くなってくると、またシンプルなものに戻る。
プログレを破壊したセックス・ピストルズであったり、そこから派生したニューウェーヴを一瞬のうちに駆逐したスミスであったり。
単に批判的な脳みそだからかもしれないが、批判を形に出来ることがまさに”ロック”だと思う。

最近の流れは、完全にストロークス、リバティーンズあたりから始まっている。
これは、なにかの反動ではないように見えるが、個人的にはラップやR&Bだらけのアメリカのチャートよりも健全な流れだと思っているが・・・・。
そんな中で、彼らの音は実に新鮮に聴こえる。
とにかくシンプルで、練りに練ったギターが、ぐるぐるとめまぐるしく走り回る感覚は、これまでに経験したことがないものだ。
とくに目新しい手法ではないかもしれないが、それでもこれほどメロディアスなギターを全編に散りばめられることが凄い!!と、感心してしまった。

アートワークのチープさなんかは、もしかしたら意図的なものかもしれないが、タイトルの長さはどうなんだ?
これもイギリス人独特の皮肉なジョークだとしたら、やはりこいつらただものではない。

今週発売の2ndアルバムが楽しみだ!!
[PR]
by saka-zuu | 2007-04-15 23:39 | MUSIC
a0034589_2354957.jpgアップルのiPodのCMで話題の、THE FRATELLISのデビュー作。
新人らしからぬ、非常にレベルの高いアルバムで、ふるさと新しさが見事に調和している。
アルバムタイトルは、「エルビス・コステロが好きだから」という、とても大の大人とは思えない幼稚な理由らしいが、そんなちょっとずれた所も、魅力的だ。

まず、素晴らしいのは、アートなアルバムジャケット。
安っぽくも見えるが、それを狙っているようにも感じられる。
レコード(ロック)、酒、タバコ、そしていい女・・・、いいじゃないか、楽しければ!!
そんな雰囲気が、サウンドにも表れされている。

最近のイギリスは、パンクスタイルのポップバンド(ブリットロックとは言いたくないから)が多く排出され、活況を呈している。
そんなムーブメントの中から出てきたように見えるが、サウンドはかなり独特。
ベースにあるものは、パンク以前のブルース、R&B、カントリーなどなど。
要するに、分類不可能なバラエティに富んだアルバムと言える。
わかりにくいようだが、結局は楽しければそれでいいのだ。
話題の『FLATHEAD(気取りやフラッツ)』の分かりやすいかっこよさから、敢えてパンクっぽい作品だけにしなかったという通り、曲のイメージはかなりバラバラだ。
しかし、この特徴あるサウンドが、今後の展開を難しくしているかもしれない。
別に私が心配する必要はないのだが、次にどんな作品が出てくるか・・・・。
まあ、今はそんなことより、このアルバムをたっぷり楽しめればいいのかもしれないな。
[PR]
by saka-zuu | 2007-04-09 00:09 | MUSIC
フィアット500(チンクウェチェント)の新型が、ついに発売になるらしい。
a0034589_21223086.jpg

スペックは、
全長×全幅×全高/3550mm×1650mm×1490mm
ホイールベース/2300mm
ガソリンエンジン/1.2L 8バルブ(69ps)・1.4L 16バルブ(100ps)
ディーゼルエンジン/1.3L 16バルブターボ(75ps)
トランスミッション/5MT or 6MT

まだ、日本導入は未定らしいが、『1.4L 16バルブ(100ps) 6MT』で、150万円くらいのプライスで販売されたら、かなり心が動くかな。
当然、このくらいのサイズなら、乾燥重量は1000キロを軽くきってもらいたい。最近のクルマは、やたらと重たいんで。無理なら、パワステとかパワーウィンドウとかいらないから・・・・。電動ドアミラーもいらんな。アルミホイールもいらないから、かっこいい鉄ッチンホイールで乗りたいね。
a0034589_2123232.jpg

おしりも、いいなあ。
[PR]
by saka-zuu | 2007-04-03 21:30 | 生活雑記
a0034589_19283570.jpg期待半分、不安半分の気持ちで購入した、グッド・シャーロットの通算4作目。

彼らのCDを最初に手にしたのは、2作目の『THE YOUNG AND THE HOPELESS』であった。
メロディの美しさはもとより、メリハリのあるギターサウンドが心地よく、今でも愛聴している。
しかし、その後に発売された3作目の『THE CHRONICLES OF LIFE AND DEATH』が、個人的にはがっかりの内容であった。
最初に聴いた感想は、「・・・メロディがない」であった。
ダンスサウンドを意識したためか、リズムが平板で、全くメリハリがなくなっていて、退屈極まりないアルバムであった。

そして、この4作目である。
プロデューサーをデビューアルバムのドン・ギルモアに戻していると聴いて、昔のロックサウンドを期待したが、かなりの部分裏切られた。
”かなりの”と書いたのは、このアルバムが前作程、退屈なものではなかったからだ。
それは、メロディが生きていて、彼らのサウンドがある意味、方向性を完全に見いだしたからかもしれない。
前作の失敗(個人的には)は、彼らがプライベートでDJをやっているということで、ダンス、クラブシーンを意識していたからだと思う。
自分たちのスタイルが、ギターサウンドのロックだったにも関わらず、それをやったために、リズムとメロディ、楽器のバランスがとれず、結果メリハリのないものになっていたのだろう。

では、今作はどうか?
正直言うと、私の好みのサウンドではない。
もう、グッド・シャーロットは、私の好きなギターサウンドのメロディアスなバンドではなくなったのだろう。
但し、このアルバムは悪くない。
聴き込む程に、”理解出来る”という意味での、良さがにじみ出てくる。
シングルになった「KEEP YOUR HANDS OFF MY GIRL」など、いい例で、曲は悪くないし、なんとなく彼らもこのサウンドにマッチしてきた感じがする。
本当なら「MISERY」なんか、思いっきりギターをギャンギャン鳴らして、パンクっぽくやって欲しかったが、これが彼らのスタイルになったのだろう。
ボーナストラックの「FACE THE STRANGE」のみが、わずかにパンク色を残しているのが、救いか・・・・。
しかし、それを聴けたばかりに、もう一度本当のロック・アルバムを作って欲しい気持ちが捨てきれないなあ。
[PR]
by saka-zuu | 2007-04-01 19:56 | MUSIC