貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

RADIOHEAD『OK COMPUTER』

a0034589_22153852.jpg1997年発売の、彼らの通算3作目。
すでに、発表から10年が過ぎるが、いまだに鮮烈なイメージを失わない名盤。

個人的には、初めて手にした彼らのアルバムである。
その後、以前のアルバムも買ったが、この作品程の強烈な印象を得ることはできなかった。
その後のアルバムもかなり印象的だが、やはり彼らに対する最初のインパクトは大き過ぎた。

「どこがどのようにすごいか?」というと、1曲目の「AIRBAG」のイントロだけ聴いていただいてもわかるだろう。
これほど印象的なギターイントロは、イーグルズの「ホテル・カリフォルニア」に匹敵する、と思う。
最初に聴いた時は、全ての音を聴き分けることが出来ずに、えらくシンプルな印象を受けたが、聴き込むうちに、だんだんと音の”裏”にある音の存在がどんどん大きくなり、音の洪水に溺れてしまうような異様さを感じるようになった。
本来、このような強烈な音の洪水は、やがて川となり、そして海となるはずだが、このアルバムの音たちは、実はそれぞれが孤独で、決して交わることがなく、海になることなく多数の川が平行に永遠に流れ続ける。
ここが丸い地球であることを忘れ、終わりのない川に流される畏怖。
生きながらえさせられる恐怖を感じながらも、わずかな希望に向かって歩き続けなければいけないこの世界の孤独感。
絶望的な音の中で、最も残酷なのは、時折見られる”希望”があるからかもしれない。

いまだに理解することができないこのアルバムは、20年以上にわたって、ロックを聴き続け、訳知り顔でロックを語る、私に対するトム・ヨークの挑戦なのか?
それとも、死刑宣告なのか?
これから10年、20年、私の苦悩は続くだろう・・・・。
[PR]
by saka-zuu | 2007-03-29 22:36 | MUSIC
ギター購入から約3ヶ月。
すでに、指先がかちかちになってきたが、いまだにメジャーコードを繰り返す毎日。
先日、やっとDEEP PURPLEの『SMOKE ON THE WATER』のイントロのリフが弾けるようになった。
しか〜〜し、まだまだギタリストというより、ギターオーナーという感じ。
リッチー・ブラックモアって、凄いな・・・・。

そんなこんなで、ギター三昧(というほどではないが)の毎日で、悪い癖が。
これまでも、ソフトよりもハードに興味が行く癖があって、音楽が好きになると、その再生装置が気になって、オーディオ好きになり、カメラ屋で働くと、写真撮影よりも、カメラそのものに興味を持ち、クルマを買うと、運転もするけれど、やたらといじりたがる・・・・。
その悪い癖はギターにも及んだ。
・・・ギターって、どうなってるんだろう???

そこで、ネットオークションで、安い本体(3500円!)を購入!!
a0034589_1856594.jpg

期待していた以上に、外観はきれい。
しかし、鳴らしてみると、センターのピックアップから音が出ていない・・・・。
う〜〜ん、どうせばらして遊ぶつもりだったので、分解してみると、コードが断線していた。
どうも放っていられなくて、ハンダこてを購入し、ピックアップ再生に乗り出す!!
・・・が、鳴らない。
そこで、またまたネットオークションで中古ピックアップを購入(500円!)。
紆余曲折あって、なんとか再生!!
a0034589_192441.jpg

しかし、ピックアップカバーがない。

まあ、いいか。
それにしても、ギターを弾くよりも、修理のほうに気合いが入っているようでは、先が思いやられるなあ〜。
[PR]
by saka-zuu | 2007-03-25 19:03 | ギター生活
a0034589_22455169.jpg今年になって購入して、ほぼ毎日聴きまくっているアルバム。
前作は、気にはなっていたが、ジャケットのセンスが好きではなかったこともあり、購入を見送った(なぜ?)が、本作はCD屋で視聴して、一発で気に入って購入した。

まず、1曲目が『THE END』というタイトルだということから、ただ者ではない。
2曲目の『DEAD』も、タイトルとは裏腹に、やたら明るく楽しい。
シングルでもあり、このアルバムのメインとも言うべき5曲目の、ドラマチックな展開も、完璧!!
個人的には、1〜5曲目の流れが、一気に聴けて、痛快この上ない。
プロデューサーがGREEN DAYの『AMERICAN IDIOT』と同じということで、ラウドなサウンドでありながらコンセプトアルバムとしてまとまっているのは、さすがと言えよう。
5曲目の完璧さとは対照的に、9曲目の『MAMA』のぐちゃぐちゃさが、またいい味出している。
とにかく、隙がなく、何度聴いても飽きのこないアルバムだ!!

個人的には、このアルバムを聴いて「またギターやろうかなあ〜」と思った。
思い立って、ストラトキャスターを購入したが、マイ・ケミカル・ロマンスのギターは、すべてレスポールを使っているらしい、・・・だからどうだと言われても。
レイとフランクの絶妙なギターワークには脱帽ものだが、いつか『DEAD』のソロをものにしてみせるぞ!!
・・・なんてね。
[PR]
by saka-zuu | 2007-03-23 22:57 | MUSIC
すっかり更新を怠っていました。
なぜかと言うと、・・・特に理由はありません。

何をやっていたかというと、・・・普段通りなのですが。
変わったことと言えば、さらにCDラックがにぎやかになったことと・・・、

a0034589_20123143.jpg


10数年ぶりに”ギター再デビュー”を飾ったことでしょうか!!
・・・これまでも、何度かギターを購入し、「俺がスティーヴィー・レイ・ヴォーンのいないブルーズ界に殴り込みをかけてやる〜!」と、妄想を膨らましていましたが、やむなく(?)断念していました。
決して自分のせいではないのですが、言い訳させてもらうと、指が異常に短いんです、はい。
みんな、「Fって押さえられないんだよね〜」などとのたまって断念するようだけれど、こちとら”G”さえ指がつる思いなんだよ・・・・。
ということで、これからはじ〜〜っくり、ゆ〜〜っくり、10年くらいかけて弾けるようになればいいかと。

・・・それに比べたら、2ヶ月くらいブログをさぼったって・・・・。

ということで、これからは”30代後半からのギターデビュー”ブログになります(・・・なりません!!)。
[PR]
by saka-zuu | 2007-03-21 20:21 | ギター生活