貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー

<   2005年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

関屋記念(GIII) 結果。

珍しい、2頭の3着同着。
近年、馬券の種類も増えて、こういうことがあると配当を見るのも面倒くさい。
気になったのはワイドで、3着同士の2頭では当たりにならないこと。
確かにワイドは1〜3着のうちの2頭なのでそうなるのかもしれないけれど、なんとなく腑に落ちない。
まあ、今回は馬連で買っていた上、どちらの馬もノーマークだったので、構わないけれど・・・・。

勝ったのは、中1週のサイドワインダー。
ダイワメジャーが抜け出して、勝負あったかに見えた最後の最後に、大外を豪快に差しきった。
上がり32.6秒は、メンバー最速で、好調マイラー騎手祐一の本領発揮か。
ダイワメジャーは、皐月賞馬の貫禄で完勝に見えたが、あれはいたしかたないか・・・・。
本命をうったコスモサンビームは、道中折り合いに専念したのか、後方からの競馬で、勝ち馬に次ぐ上がりの脚を使ったが、5着まで。
このレースは完敗の内容だが、まだまだ回復途上と見て、これから秋シーズンに向けて復活の兆しがみられたのはうれしい。

今日までの投資/回収金額、

・本日合計  1000円投資  900円回収

・本年合計 56800円投資 44530円回収 回収率78.4%

[PR]
by saka-zuu | 2005-07-31 19:42 | 競馬

関屋記念(GIII) 予想。

新潟の夏の名物レース。
同開催の小倉を見ていると、新潟の直線がものすごく長く感じる。
この2つの競馬場は、回り方も逆、コーナーも大きさが違い、直線も長さが全く違う、好対照なコース。
本当に強い馬は、そんなことを気にしないだろうが、この時期に出てくる馬は、そんなに強くはないので、コース特性に合った馬を探すのがポイントだろう。
今年の新潟にはいないかな?・・・マイヨジョンヌは。

予想は、

◎コスモサンビーム
○ダイワメジャー
▲マイネサマンサ
△オースミコスモ
×サイドワインダー

久々のコスモサンビームがどうか?
能力的には問題ないと思うが、ぽろっと負けるか、あっさり勝つかで、勝つ方に賭ける。
格から言えば、皐月賞馬のダイワメジャーが圧勝しても不思議はない。
あとは、逃げは不利だろうが、ノーマークですいすい行ってしまうかもしれないマイネサマンサ、一昨年の勝ち馬オースミコスモ、マイルが得意なはずのサイドワインダー。
[PR]
by saka-zuu | 2005-07-30 20:48 | 競馬
恒例の、【music8089】さんの人気投票が、始まりました〜〜!

詳細は、

【8089人気投票】 がスタートしました!
梅雨明け早々の暑さに参っている人、夏本番はこれからですよ!
寝冷え、夏風邪なんて吹き飛ばして夏の暑さを楽しもう!!!
-------------------------------------------------------------------
   ♪♪♪♪♪ 下記を熟読の上、ご参加下さいね (曲はロックに限定!)♪♪♪♪♪
-------------------------------------------------------------------
●期 間   : 7月23日(土)~8月14日(日) (23日間)
●テーマ    : 「暑さを吹っ飛ばすあなたの元気印<ロック>の曲は、何ですか?」 
          *ガンガンにノリのいい曲、(涼しくなる曲)、等々。。。
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       !!!70年代~80年代の<ロック>から選んで下さい!!!
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          独白「暑い時にあえて鍋物を食べる。ホット・コーヒーを飲む。
             そしてガンガンのロックを聴く。それが暑気払いの極意
             なり。。。」   (←ほんまかいな!?)
●投票方法  : お一人2曲 (曲名・アーチスト名を明記) を【music8089】さん(←をクリック)へコメ ントとして投稿 してください。
           また、その曲に対する思い出、エピソードなどもぜひ一言添えて下さいね!
●投票結果  : 発表は、8月15日(日)
          なお、適宜中間発表も行いますのでお楽しみに。。。
-------------------------------------------------------------------
暑さを吹き飛ばしてみなさんとひとときを楽しく過ごしたいと思います。
ぜひみなさんのブログでも 【8089人気投票】 のことを 紹介して盛り上げて下さい!
多くの方のご参加をお待ちしております。
(どなたでも自由に参加して頂けます。)


みんなで、投票して、盛り上げましょう〜〜。

a0034589_23225586.jpg
私が選んだ2曲は、

『(YOU CAN STILL) ROCK IN AMERICA / NIGHT RANGER』

『JUST LIKE PARADISE / DAVID LEE ROTH』


の2曲!!
とにかく、暑い夏を吹っ飛ばしてくれるというならば、この2曲で決まり!!
ナイト・レンジャーというバンドは、『シスター・クリスチャン』や『センチメンタル・ストリート』のヒットで、バラードのほうが有名だが、ロック・ナンバーの痛快さも見逃せない。
特にこの『ロック・イン・アメリカ』は、セカンド・アルバム『ミッドナイト・マッドネス』のオープニング・ナンバーで、ツインギターがこれでもか!!とばかりに炸裂する。

そして、何の説明もいらない、世界一の能天気ロッカー、デイヴィッド・リー・ロスのメイン・テーマとも言うべき大ヒット曲。

暑い暑いと言っても、涼しくなるわけではない!!
カラッと乾いたロックを聴いて、もっともっと熱くなろう〜〜〜!
[PR]
by saka-zuu | 2005-07-28 23:18 | MUSIC
相変わらず、強さともろさが表裏一体のマクラーレン・メルセデス。
予選では、圧倒的なスピードのキミ・ライコネンがトップタイムを出せば、チームメイトのファン・パブロ・モントーヤが果敢にアタック。
しかし、最終コーナーを世界最速の(?)ドリフトで駆け抜けたライコネンに対し、モントーヤはスピンでマシンを壊し、最後尾スタート。
レースでは、両者の明暗が全く別の方向に向いて、トップ独走中のライコネンがハイドロのトラブルでリタイア。
次戦は、抜けないハンガロリンクの予選を、トップでスタートしなければならないということで、このレースのノー・ポイントと合わせて、かなり厳しい結果となった。
皮肉にも、モントーヤは最後尾スタートから、鬼神の走りで2位フィニッシュ。
シーズン序盤にモントーヤに頻発したトラブルが、ここに来てライコネンに移ったか?

勝ったのは、やはりというか、今や盤石のフェルナンド・アロンソ。
シーズン12戦目で、6勝は立派というしかない。
このレース、4位にジャンカルロ・フィジケラが入って、ルノーが唯一のW入賞。
チームそのものも好調だし、マクラーレンがトラブルと戦っているようならば、このまま突っ走ってしまうかもしれない。

BARホンダは、ジェイソン・バトンが、今季初表彰台の3位フィニッシュ。
ここ3戦、着実にポイントを獲って、マシンも信頼性を取り戻してきた。
問題は、このレースもノー・ポイントの佐藤琢磨。
あくまでも、私個人の意見だが、佐藤琢磨は、スタートの1周目がとんでもなく下手なのではないだろうか?という気がする。
一般的な見方では「琢磨はスタートがうまい!」と言われているが、それはスタートからほんの数百メートル、1コーナーまでで、そこから気が抜けるのか、突然遅くなり、他車に絡まれたり、自分から追突したりが実に多い。
それは、アグレッシブということとは違って、最も注意を要する1周目の走り方が甘い、と言わざるを得ない。
このまま、唯一のノー・ポイント・ドライバーが続くようならば、来年のシートは危ういし、本来、実力で獲得したシートのはずだが、”ジャパニーズ・マネー・シート”と言われかねない。

個人的にこのレースで最もエキサイティングだったシーンは、レッド・ブルのクリスチャン・クリエンが、フェラーリのルーベンス・バリチェロをオーヴァー・テイクしたシーン。
ポイント圏外の闘いで、注目されないが、ここまでフェラーリは堕ちてしまったということか・・・・。
来シーズンは、同じエンジンを搭載する両チームだが、まさか、王者フェラーリがレッド・ブルの後塵を拝するとは、シーズン前には予想もしなかったことだ。
歴史は繰り返すというが、このまま、フェラーリは10年前の”中堅チーム”に逆戻りしてしまうのか・・・・。
a0034589_0205484.jpg

[PR]
by saka-zuu | 2005-07-26 00:21 | F1

函館記念 結果。

最近、日曜日の過ごし方がいつも変わらない。
朝9時頃に起きて、洗濯、カメの水槽の清掃と、アクセルの日向ぼっこ、そして、競馬場に行ってメインの馬券を購入後、帰宅。
テレビで競馬中継を見て、夕飯の準備・・・、たまに自炊。
土曜日に洗濯と水槽清掃が出来れば、日曜は一日競馬場にいれるのだが、土曜日はぼ〜〜っとしていたり、ふらふら出かけたりで、家のことは何もしない・・・・。
来週からは、土曜日も”家事”をしようかな。

函館記念は、北村騎手とエリモハリアーが重賞初勝利!!
・・・今までの実績から、騎手で消したようなものなのに、完全に裏目。
2着には、ブルートルネード(△)が逃げ粘り、後方から追い上げたウイングランツ(○)が3着。
1番人気のエアセレソン(×)が5着に負けたのはありがたかったが、馬券的にはワイド7.4倍のみ的中でマイナス。
それにしても、最近シンガリ負けの馬をよく買っている・・・、どうして???

小倉サマージャンプは、直前で購入回避・・・・。

今日までの投資/回収金額、

・本日合計 1000円投資 740円回収

・本年合計 55800円投資 43630円回収 回収率78.2%


・・・車検代は稼げず。
[PR]
by saka-zuu | 2005-07-24 18:45 | 競馬

函館記念 予想。

先週、小倉競馬場に行った時、JARのA-PATの申し込みをしてきた。
”馬券購入は、競馬場で!”が私の信条であったが、こう暑いと自転車で30分こいで行くのが、結構つらい。
普段、運動しないので、それくらいは、とも思うが・・・・。
ただ、どちらかと言うと、雨の日に車で行くのが面倒だし、駐車場代がもったいない、というのが本音。
しかし、購入開始が10月2週目からということで、この夏は頑張って自転車で買いに行かねば!!

函館記念の予想は、

◎グランリーオ
○ウイングランツ
▲ブリットレーン
△ブルートルネード
×エアセレソン

今年は、メンバーが薄い・・・・。
期待の松岡のお手馬の2頭が魅力だが、乗り変わって残念ながら鞍上強化となったグランリーオを本命。
ウイングランツは、距離が微妙と見て、評価を下げるが、松岡にはここで一発、奮起して欲しい。
断然の一番人気のエアセレソンだが、抑えはするが、ここは負けてもらって、配当を上げてもらおう。

小倉は、平場の重賞はなく、障害のG3小倉サマージャンプが開催される。
障害戦はよくわからないが、レースそのものは面白いので、一応予想してみよう。

◎ローレルロイス
○ミスターユニコン
▲イブキリムジンオー

どう考えても、さっぱりわからん・・・・。
[PR]
by saka-zuu | 2005-07-23 21:35 | 競馬

恐怖の車検見積もりの巻

愛車、アルファ・ロメオ145の車検が近づいてきた。
期限が8月10日までで、もう時間がないので、今日見積もりを出してもらいに行った。
今回考えていたメニューは、
・通常車検整備
・油脂類(エンジンオイル、ミッションオイル、冷却水、ブレーキオイル等)の交換
・タイミングベルトの交換
は必須なのだが、場合によっては、
・クラッチのオーヴァーホール
・ブレーキローターの交換
が必要になるかも、・・・と思いながら、相談がてら、車周りを点検してもらう。

最初は、必須メニューを概算で大体20万円くらいとの話。
ただし、購入後わずか1年で23,000キロを走ってしまったわが145。
今の仕事に就いてからは、普段の営業車としても活躍しているため、走行距離がかなり多め。

結局、これからしばらく乗ることを前提に、エンジンとミッションのシールからオイル漏れがあるようなので、修理ついでにクラッチの交換など、気になる所をあらかた直すことに。
ただ、ブレーキローターは急がないから後回しで、エアコンの調整が利かないことや、一部小さな不具合には目をつぶったが。
見積もり金額が、・・・#$%&@*+???う〜〜ん、給料2ヶ月分に近いな、恐くて書けない。
しかしなあ、買い換えるつもりはないし、どうせならしっかり直してもう2年は乗りたいし・・・・。

問題は、お金の工面。
明日の競馬で!!サマー・ジャンボ宝くじで!!・・・いやいや、地道に節約せねば。
[PR]
by saka-zuu | 2005-07-23 18:24 | ALFA ROMEO

熱望!原監督

Exciteニュース:原氏 監督就任要請否定も「わだかまりない」

先週の土曜日、久しぶりに実家に夕飯を食べに行った時に、事件が起こった!
私の実家は、60代後半の父と母の二人暮らしのため、夕方はほとんどNHKを見ている。
そして、食事中に巨人戦が始まると、父が突然、
「チャンネル変えろ!」と言った。
「何よー、自分で変えなさいと!」と母。
「今は、巨人戦もつまらんやろ、ソフトバンク戦は面白いけどねえ」と私。
「おー、ソフトバンク戦があったな(笑)」と言って、父が上機嫌にチャンネルを変える。
・・・どこが事件か、というと、父は半世紀に及ぶ巨人ファンである。
その父が、別にスコアに関係なく巨人戦を見る気が全くない、ということ。

最近、「野球の人気がなくなった」と言われるが、私自身は決してそうは思わない。
現に、福岡では関東で巨人戦が行われている時間に、ソフトバンク戦の中継が差し替えられることが多く、その視聴率はそんなに悪くはない。
確かに巨人戦の視聴率は落ちているようだが、私に言わせれば『こんな偉そうなチーム』がこれまで人気があったのが不思議である。
しかも、最近は『弱い』ときている・・・・。

そんな中で、今の監督の更迭の噂が飛び交っている。
そして、なぜか『人事異動』で左遷された原前監督が復帰するという話まで・・・・。
一般企業の『人事異動』ならば、内示があるはずだが、それにしても早過ぎる。
例えあったとしても、「あ〜、そうです」とは言えないだろうね。
まあ、ない話でもなかろうが、個人的には原氏には、別のユニフォームを着て監督復帰してもらいたい。

それは、ずばり!!次期ソフトバンクホークス監督である。

私自身は、30年来のホークスファンである。
弱くても弱くても南海ホークスを応援し続けて、大学時代にそのホークスが福岡ダイエーホークスとなって、福岡にやってきた。
当初の福岡ダイエーホークスは、やはり弱かった。
そんな中、”世界の王”が監督として福岡にやってきた。
歓迎する声もあったが、正直、巨人の監督として大きな実績を上げることが出来なかった王監督に対する期待は、それ程大きくなく、”話題先行”であり、地方を差別的に扱う関東の輩は、『都落ち』という表現を使いもした。
監督就任当初の王監督は、なかなか実績を上げれずに、苦悩していた。
もともと巨人が嫌いであった私も、ちょっと批判的な目で王監督を見ていた。
しかし、ある日の試合で私は王監督を認めざるを得なくなった。
いつの試合であったか忘れたが、場面はランナー1塁で当時、福岡ダイエーにいた吉永捕手が代打で出てきた。
スコアも忘れたが、代打吉永選手ならば間違いなくヒットを望む場面である。
この時、私はふと「ここでバントしたら面白いのになあ、・・・まあ、王監督にはできないか」と思っていた。
その瞬間、・・・あの吉永選手が大きな体を折り畳んで、バントをしたのである!
結果は、・・・バント失敗。
唖然とする私の目の前で、テレビ画面に映った王監督は、悔しそうに奇襲失敗に苦笑いしていた。
「・・・やるなあ、王監督!」
その後、王監督は、福岡ダイエーの、そして福岡ソフトバンクの監督として現在の最強チームを作り上げたのである。

その王監督であるが、昨年のシーズン前に勇退をほのめかしていた。
結局、球団のソフトバンクへの売却などでうやむやになって、孫オーナーの意志でフロント兼任監督で辞められなくなったが、そろそろ後任が必要であろう。
そうなると、すぐに松中選手や城島捕手、・・・というわけにはいかない。
ならば、適役は、原前巨人監督しかいない!
別に、私は原氏を好きなわけではないし、どちらかというと巨人嫌いなので好きではない。
しかし、あのような解任のされかたをして、それでも巨人に身を置くということが私には理解できない。
今のままでは、王監督の勇退は先の話だが、巨人で不完全燃焼に終わった、原氏の監督としての資質を、この福岡の地で開花させて欲しい。
[PR]
by saka-zuu | 2005-07-20 23:41 | プロ野球
スターウォーズが好きだ。
最初に公開された『スターウォーズ』から、全てのシリーズを映画館で見ている。
『エピソード1 ファントムメナス』が公開される前に、劇場で公開された、それまでの『特別編』も見に行っている。
ただ、私自身は「好きだ」とは言えるが、決してマニアではない。
そういう意味では、あまり大きな声で”ファン”であるとは言えないかもしれないが、とにかくこのラストとなる『エピソード3 シスの復讐』を、自分なりに気持ちを高揚させて見に行った。

a0034589_20261470.jpg
ストーリーは、最初の『スターウォーズ』に繋がる物語で、全ての謎が明かされる。

「なぜ、アナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーになったのか?」
「なぜ、マスター・ヨーダは辺境の地に隠れるように住んでいたのか?」
「なぜ、ルークとレイアが離ればなれに暮らすようになったのか?」
「なぜ、ダース・ベイダーは、あのような生命維持装置に見を包まなければならなかったのか?」
「なぜ、オビ=ワン・ケノービがベンとして、ルークのそばにいたのか?」
・・・・・・

内容の濃さに圧倒されながら、物語はあっという間にクライマックスへ・・・・。
とにかく、見ていて涙が出そうになった。
アナキンが、暗黒面に堕ちていく過程に『愛』があったこと・・・・。
そして、ラストのオビ=ワンと、アナキン(既にダース・ベイダーとなっていたが)との闘い。
『エピソード1 ファントムメナス』での、あのあどけないアナキン坊やが目に浮かんで、本当に涙がこぼれるくらい、哀しい二人の闘いであった。
そして、瀕死のアナキン=ダース・ベイダーがマスクをつけられた瞬間、なぜか感動した・・・・。
アナキンが、暗黒面に堕ちたのが、決して邪悪な野心ではなく、どうしようもない『愛』を守るためであったことが、『エピソード6』のラストに繋がっていくのがよく分かる。
映像の素晴らしさ、その中で『エピソード4』へと繋がるストーリー展開のスピード、スリルがこのシリーズの堂々のラストを飾ってくれた。

映像技術のこともあろうが、『エピソード4〜6』と『エピソード1〜3』は、全く別ものであった。
当然、この『エピソード3』は、アナキンがダース・ベイダーになるという結果が分かっているのだが、だからといって、このあとに『エピソード4〜6』を見たくなるかというと、そうは感じなかった。
もし見るならば『エピソード4〜6』を見て、『エピソード1〜3』を見るのが正解であろう。

ジョージ・ルーカスは、最後の『エピソード7〜9』は製作しないと言う。
それはそれで構わないと思う。
この『エピソード3 シスの復讐』を見て、「ダース・ベイダーのいないスターウォーズなんて・・・」と本気で思ったから。
[PR]
by saka-zuu | 2005-07-18 20:57 | 映画

久しぶりに…。

a0034589_17234316.jpg

アクセルの甲羅を、きれいに洗う。
結構甲羅に水苔が付いて、汚くなっていたんだけど、アクセル自身が、甲羅を洗われるのが嫌いらしく、暴れまくる。
以前、小さい頃に洗ったら、しばらく私が水槽に近付いても、ぷいっ、と無視されてしまった。
今日、久しぶりに洗ったら、汚れてかくれていた甲羅模様がくっきり!

野生動物にとっては、自然の衣服なのかもしれないんで、そのままのほうがいいんだろうけど、人間の都合で、きれいにしてしまった。
でも、すっきりしたよ。
[PR]
by saka-zuu | 2005-07-17 17:23 | アクセルの日記