貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー

<   2005年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

a0034589_22492149.jpg
3年振りになる、オアシスの6枚目の新作が発売された。
このアルバムの特徴は、初めてメンバー全員の曲が収録されたことであろう。
これまで、『オアシス王国』の絶対君主として君臨してきたノエル・ギャラガーが、オアシスというバンド自体を”家族”とでも言うべき、運命共同体へと導こうとしているのだろうか。
各所のインタビューで、「ファーストを除いては最高の作品になった」と言っているのはいつものことだが、こういう形でリリースされたのは、実に興味深い。

オアシスがこれ程のモンスターバンドになったのは、もちろん作品の素晴らしさが世界中で受け入れられたからに他ならないが、『BE HERE NOW』以降の彼らは、自らの音楽のスケールを大きくすることに成功したが、私にとっては、いささか退屈な面も見えていた。
それは、デビュー作『DEFINITELY MAYBE』の、まるで手を伸ばせばそこにあるような、臨場感とでもいうべき、リアリティのあるサウンドがなくなってしまったからだと思う。
2作目の『(WHAT'S THE STORY)MORNING GLOLY?』の大成功で、彼らがライヴハウスで勝負するバンドでなくなったからかもしれない。
また、バンドの成長が、私の勝手な考えとは違う方向に行っていて、単に私自身がいじけていただけなのかもしれない。

本作を聴いて思ったのは、巨大化してモンスターになってしまったオアシスの姿ではなくなっていたこと、であった。
もちろん、作品の質は相変わらず高い。
しかし、以前の作品のように、ず〜っと向こうのステージで大観衆の前で演奏しているスタジアムバンドとしてのオアシスではなく、彼らが目の前にいるようなイメージが戻ってきたのだ。
ファーストアルバム発売直後の作品、と言っても驚かないかもしれない。
これがノエルの意志だとすれば、相変わらずの”王様ぶり”だが、それもオアシスの正しい姿なのかもしれない。

FMで、死ぬ程聴かされているが、確かにストーンズと言われればそうかもしれない、ファーストシングルの『LYLA』のように、相変わらずかっこいい曲がずらりと並ぶ。
『MUCKY FINGERS』のように、リズムの強烈に心地よい作品もあって、どれもライヴハウスが似合うような作品に仕上がっている。
彼らの本領が、スタジアムライヴではなく、小さなライヴハウスであるのは明白なので、出来れば本作を引っさげて、ライヴハウスツアーを行ってもらいたい。
多分、チケットをとるのは至難の業であろうが・・・・。


  ちなみに5曲目の『THE IMPORTANCE OF BEING IDLE』を聴いて、”水戸黄門”を思い浮かべたのは、私だけであろうか・・・・。
[PR]
by saka-zuu | 2005-05-31 23:20 | MUSIC
このレースから、予選の方式が変わった。
土曜日曜の2回の合算方式から、土曜日の一発勝負に戻ったのだが、どうもどたばたしている感が否めない。
それも、先週のモナコGPから時間が空いていればチームも戦術の練り直しが出来ただろうが、全く時間的な余裕のない状態での変更は、最近のFIAの傲慢さを表している気がしてならない。
そして、このレースから、そのFIAの警告的制裁からBARが帰ってきた。
予選は、そのBARが最初にアタックして、かろうじてジョーダン、ミナルディの前に出たが、ザウバー並みのタイムしか出せず、苦戦は免れないグリッドしか獲れなかった。
予選の”新方式”で、ウィリアムズが今シーズン初のポールポジション。
2連勝中のキミ・ライコネンが2番手で、相変わらず好調を維持している。

レースは、ジャンカルロ・フィジケラのエンジンストールで、1周減算スタート。
再スタート後の1コーナーで、多重クラッシュが発生し、好調ウィリアムズの1台、マーク・ウェーバーがリタイヤするが、フロントウィングを壊した佐藤琢磨を含む、他の車は無事レースに戻る。
このレースのクライマックスは、最後の数周で、トップを独走していたライコネンの車にタイヤトラブルが発生、2位のルノー、フェルナンド・アロンソがプッシュし、ファイナルラップで追いつこうかという瞬間。
ライコネンのマクラーレンの右フロントサスペンションが悲鳴を上げ、クラッシュ。
ライコネン自身は、大きなケガに見舞われずに済んだが、背筋が凍るような光景であった。
結果、勝ったのは今シーズン4勝目のルノー、アロンソ。
2位にはウィリアムズのニック・ハイドフェルド、3位にフェラーリのルーベンス・バリチェロが入った。
2戦振りのBARは、ジェイソン・バトンが10位、佐藤琢磨が12位と精彩を欠いたが、次戦に期待しよう。

さて、このレースでは、やはり”タイヤ交換不可”という、忌まわしきレギュレーションが起こした、ライコネンの大クラッシュの印象が強い。
今から10数年前のF1では、燃料補給は許されておらず、タイヤ交換は自由であった。
それは、ピット内での大量の燃料の補給が、常に危険が伴うのと、タイヤ交換が許されていたのは、タイヤのトラブルがドライバーの命の危険に直結することを考えられていた、と言うことだと思う。
しかし、それから燃料補給が”義務付け”され、昨年まではピット作業で燃料補給とタイヤ交換が普通に行われていた。
燃料補給に関しては、数回のピット内の出火があり、肝を冷やしたが、FIAはその危険を排除しようとはしなかった。
しかも、今年からは”理由なきタイヤ交換は禁止”となった。
レースに於ける、ピット作業の緊張感と、その駆け引きはサーキット上と同じようにスリリングなものだが、その”危険性”は同一ではない。
結局、”燃料補給”と”タイヤ交換禁止”に関しては、スリルを演出するために、FIAは”安全のためのピット作業”よりも、”危険を伴うピット作業”を選択したように見える。
このライコネンの大クラッシュを見て、このレギュレーションが即座に変更されることを、ファンとして強く希望する。
せっかくのBARの復帰戦であったが、個人的には、実に後味の悪いレースであったと思う。
a0034589_2337877.jpg

[PR]
by saka-zuu | 2005-05-29 23:37 | F1

日本ダービー 結果。

やはりディープインパクトという馬は、ただものではない・・・・。
レースは、4コーナーをうまく回って抜け出したインティライミが1頭抜け出した以外は、ほとんど全馬が横一線に並ぶ展開。
そこからの『よーいどん!』で、いつの間にか外にいたディープインパクトが、他馬を圧倒し快勝。
皐月賞のように、展開に左右されるレースでないだけに、全馬に平等に勝つチャンスが与えられていたにも関わらず、1頭だけ次元の違う走りで、一世一代の好走と言うべき2着のインティライミを5馬身ちぎってしまうのだから、恐れ入る。
離れた3〜5着馬は、皐月賞でも上位に来たメンバーが入り、2着馬にしても、トライアルをしっかり勝った馬が来た。
結局、今年の牡馬クラシック路線は、皐月賞時点で序列がしっかり出来ているようだ。
確かに、秋以降の成長を期待したい馬がいない訳ではないが、この中から今後ディープインパクトを負かせる馬が出てくる可能性は、限りなく小さいだろう。
本当の楽しみは、秋の菊花賞ではなく、その後の古馬との対戦まで待たなければならないかもしれない。

馬券は、きれいに外しました、ハイ。

今日までの、投資/回収金額は、

・本日合計 1000円投資  0円回収

・本年合計 41700円投資 33520円回収 回収率80.4%

[PR]
by saka-zuu | 2005-05-29 17:49 | 競馬

日本ダービー 予想。

もしかしたら、”ダービー”でなければ、あまり買いたくないレースかもしれない。
ディープインパクトが負けることは、まずあり得ないだろう。
『競馬に絶対はない!!』とは言うが、だからと言って今の段階で本気で負けると思うのは、愚の骨頂・・・・。
ただ、2、3着に何が来るかはわからないので、馬券としては十分面白いかもしれない。

◎ディープインパクト
○ニシノドコマデモ
▲シルクネクサス
△ダンスインザモア
×ペールギュント


・・・どうしよう、やはりワイドで2ー3着狙いか?
それとも、1頭軸で3連複か、3連単が狙い目か?

とにかく、ディープインパクトが勝つなら、史上最強と言うくらいの完勝劇をみせて欲しい!!
[PR]
by saka-zuu | 2005-05-28 22:32 | 競馬
日本が独自で行うカップ戦で、今回はワールドカップ予選にのぞむ大事な試合のはずであったが、結果は最悪。
勝ったとか負けたとかはどうでもいいが、何も収穫がなかったのが、最悪の理由。

初戦のペルー戦は、後半ロスタイムでの失点。
場面としては、絶対に失点が許されない状況での失点。
これが、しっかりした想定での失点ならば、次に繋がっただろう。
例えば、0−0の場面で、絶対に1点を入れなければという仮定の上で、あえてリスクを冒してギャンブルに行って失点したならば、修正点が見えたかもしれない。
または、0−0の同点に持ち込むという想定で、守りを固めるというシュチュエーションでの失点ならば、日本の穴が見えて、修正が出来る。
どちらの場面も、あり得ないシュチュエーションではなく、最悪訪れることがあるにも関わらず、だた漫然とボールを追いかけているようにしか見えなかった。
そのシュチュエーションを導き出して、選手を動かすのが監督の役目のはずだし、ワールドカップ予選を”本番”と分かっているのなら、『攻める』『守る』をここで徹底することが、必要であったと思う。

そして、昨日のUAE戦は更に悪かった。
後半24分に失点し、またもやノーゴールでの敗戦。
最後の10分くらいは、リスクを冒してでも得点を獲りにいくくらいのギャンブルが出来なかったのだろうか?
この大会は、得失点差で2位を取りにいく大会ではないし、それも勝たなければ、0−1だろうが0−5だろうが、負けは負け。
どんなに華麗なシュートを打とうが、きれいなパスが決まろうが、点が入らなければ、全く意味はない。
FW、MF総出で、DFをゼロにしても得点を取りに行く、という”気迫”がなかったのには、失望させられた。

この2試合で感じたことは、今の”日本代表”というチームには、全く魅力がないこと。
日本人でなければ、このような”感情”のないチームを応援することはないだろうし、したくない。

「お前らに、ワールドカップに行く資格はない!!」

そう思った私を、見返して欲しい・・・、頑張れ子羊たち。
[PR]
by saka-zuu | 2005-05-28 13:03 | サッカー
そういえば、タイトルに”日記”と書きながら、日記風に書いたことがなかった。
なので、ちょっと日記風に書いてみる。

今朝は、6日振りの休日(当たり前だ!)。
天気もいいし、まずは溜った洗濯物を洗濯機に放り込む。
シーツまで洗うと、とても一度では洗濯できないので、2度に分ける。
その間、久しぶりにアクセルの水槽を洗う。
水の交換は、上抜きで週に3回やっているが、この時期、水槽内のブロックなどに苔が発生するので、やはり週1度は水槽ごと洗わなければいけないようだ。
うちのアクセルは、あまり日向ぼっこに慣れていないためか、別の容器に入れてやっても、なかなか水から出てこない。
大体、30分くらい経つと、ちょっと慣れてきて太陽に顔を向け出す。
ここで、いつも問題が・・・・。
今まで、何度かアクセルの写真を公開しているが、実はアクセルはカメラが嫌い。
まだ小さい頃に、あやまってストロボの光が直撃してしまい、どうもそれがトラウマになってるみたい。
とくに、水槽越しにカメラを向けると、手で『イヤイヤ』をして顔を背ける。
これまでの写真は、ふいをついたりしてかなり苦労して撮っていた。
今日は、あまりにも気持ち良さそうに陽にあたっていたので、撮影は断念した、・・・決して手抜きではない。

ということで、あっという間にお昼になってしまった。
今日のお昼ご飯は、素麺を3束。

アクセルは、きれいになった水槽で、気持ち良さそうにお昼寝中。
さあ、私は明日のダービーの予想でも・・・・。
[PR]
by saka-zuu | 2005-05-28 12:27 | アクセルの日記

37才の新人奮闘中!!

最近、ブログの更新が滞りがち。
先々週から、新しい会社で働き始めたからだ。
これまでの会社とは、180°違う職種で、自ら飛び込んだ会社である。
やはり、結構きついのだが、毎日が新鮮で、楽しんでもいる。

仕事内容だけでなく、立場も全く変わった。
それまでは、”店長”という肩書きで、周りの社員やパートさんに仕事を教え、見本となることを心がけていた。
しかし、今は何も出来ない新人なので、毎日が勉強だ。
とくに、感覚的な仕事なので、具体的なことは誰も教えてくれない。
小さな会社で、私が入社すると同じタイミングで2人の営業社員が退社して、現状営業社員は私だけ。
ろくな引き継ぎもなく、全て自分で覚えて、自分なりの仕事をすることを求められているようだ。
毎日、社長との雑談で、取引先や、仕事内容を必死で聞き出すのが、今最も大切なことだ。

不安一杯の毎日で、ブログの更新もままならないが、週末の競馬の予想は止められない予定・・・・。
[PR]
by saka-zuu | 2005-05-25 22:26 | 生活雑記

オークス 結果。

NHKマイルカップと同じく、”エイシン”の馬で幸四郎が逃げた。
まあ、全くの予想外というわけではないが、なんだか武幸四郎という騎手が面白くなってきた。
断然の一番人気のシーザリオが後方に置いていかれたのは、予想外。
ただ、個人的にはこの展開は歓迎であったが・・・・。
願わくば、1000mをもう1、2秒早く通過してくれれば、縦長の展開で結果は違ったと思う。

結果は、1〜3番人気の馬券で決着。
入れ込み気味のディアデラノビアの3着確保は、立派だし、終始我慢して直線で勝負をかけたエアメサイヤの2着も好走と言っていいだろう。
ただ、勝ったとは言え、祐一の乗り方はあまりにもお粗末・・・・。
馬の能力で勝たせてもらったようなものだが、逆にこの馬のとてつもない可能性を感じさせてくれた。

まあ、予想が当たらなければ、大きなことは言えないが・・・・。

今日までの、投資/回収金額は、

・本日合計 2500円投資  250円回収

・本年合計 40700円投資 33520円回収 回収率82.4%

[PR]
by saka-zuu | 2005-05-22 17:03 | 競馬

オークス 予想。

桜花賞1、3着がNHKマイルカップにまわって、ちょっと特殊なメンバー構成。
混戦になると思いきや、本命一本かぶりの前売りオッズになった。

予想は、


◎ジェダイト
○シーザリオ
▲ブリトン
△ライラプス
×エアメサイヤ


全ては、シーザリオの動向次第だと思う。
中段から順調に伸びきれば、とんでもない圧勝劇を演じるかもしれないが、もし追い出しが遅れたら・・・・。
先行策を取れるジェダイトを本命。
シーザリオの後ろから来る馬は、まず追い抜くことは不可能だろう。
ならば、本命馬の先行力に期待。
難しいかもしれないが、逃げ粘りの可能性を探って、ブリトンを買う。
後方からの追い込み勢では、ライラプスとエアメサイヤを2、3着候補と見る。
[PR]
by saka-zuu | 2005-05-21 22:40 | 競馬

ただ今、格闘中。

a0034589_23173212.jpg

オモチャを与えられた子供のように、新しいケイタイと格闘中(^o^)/
果たして、このメールは、無事届くのだろうか(^_^;)
[PR]
by saka-zuu | 2005-05-19 23:17 | 生活雑記