貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

爆発!!GREEN DAY FESTIVAL in 福岡

a0034589_051111.jpg
今回、日本で唯一のグリーン・デイ・フェスティバルが福岡国際センターで開催された。
直前のゼブラヘッドのキャンセルは痛かったが、サマーソニック’04に行けなかったので、私にとって、今年の夏の「最大のイベント」だ。テンション上げて行こう!
会場は、いつもは椅子が整然と並べられるアリーナをブロック分けし、オールスタンディングのライブハウス状態!なんか、いつもより人が多い。

オープニングは、GO-GO'S。
開演時間になるとすぐに登場!・・・あれっ、反応が薄い。
「THIS TOWN」で始まる。うーん、懐かしい。ベリンダがいかにもおばさんだが、踊る姿は昔MTVで見たままだ。ちょっと、色っぽく見えてきた。・・・やばい。
観客の反応が、ない。「VACATION」になっても、「HEAD OVER HEELS」になっても、体が動いてない。・・・俺だけ??そうさ、俺はGO-GO'Sも楽しみに来た、変わり者さ。
そうか、あまりにも客層が若いんで、みんな、知らないのか。・・・そう思っていたが。
それにしても、「WHAT A FEELIN'」をやるなんて!!最高じゃないか!!間にマイケル・センベロの「MANIAC」を入れるなんて、かっこいい!!
あっ、と言う間にGO-GO-'Sの出番が終わる。なんか、一人ではしゃいでしまった。

30分ほどのインターバルがあって、・・・ウサギの着ぐるみが現れる。何だあれ?
単なる時間潰しか。

そして、いよいよ再び客電が落ちて、GREEN DAY登場!!
「LONGVIEW」のイントロが流れた瞬間、会場が爆発!!俺も爆発!!
跳ねる!飛ぶ!叫ぶ!踊る!・・・、なんでもありだ!ここは、ライブハウスだぜ!!
何演ったかって?・・・よく覚えてない、暴れるのに精一杯。あー、年齢のせいか?体力の衰えが憎い!!
「GEEK STINK BREATH」も、「BASKET CASE」も、「WELCOME TO PARADISE」も、「SHE」も、みーんな、演ったさ、ゼッペリンの「移民の歌」は、イントロだけだったけど、クラッシュの「I FOUGHT THE LAW」も演ったよ。
もう、そりゃー、会場盛り上がりまくってたさ!
オーディエンスをステージに上げて楽器やらせるとか、面白企画を盛り込んだりして、最高に楽しませてくれる。しかも、大人しめの曲を全く無視して、スピード感抜群で飛ばしまくる。
俺はとにかく、曲が始まる度、暴れまくって、あー限界・・・、って時に「MINORITY」が来やがる。・・・大人しくしてる場合じゃない!最後の力を振り絞って、・・・暴れる。あっという間に本編が終わる。・・・死ぬかと思った。
ちょっと、休憩・・・、する間もなく、奴らが帰ってきた。
『Party All NIGHT!!』奴らが叫ぶ!上等じゃないか、好きにしてくれ〜。
アンコールはカバーばっか。・・・いやな予感。
GO-GO-'Sの曲(あっ、忘れた・・・「WE GOT THE BEAT」だっけ?違ったらすみません)じゃないか!なんて、いい奴らだ!・・・客の反応がまた、薄い。
おー、「KIDS ARE ALLRIGHT」だー!「ROCK THE CASBAH」だー、って、知らないのか???・・・でも、盛り上がろうとみんながんばってる!いい人達だ!福岡のオーディエンスは。あっ、ステージの端の方でGO-GO-'Sのメンバーが踊ってる。
最後はクイーンの「WE ARE THE CHAMPIONS」で閉め。ビリーがチョビひげ付けてたんで、思わず「ふれでぃ〜」と叫んでしまった。・・・ウケなかった。さすがにこの曲は盛り上がった。が、いかにもお別れの曲。
あー、GREEN DAYよ、もう帰るのかい?おじさんは疲れたけど、楽しかったよ!
GO-GO'Sのみなさんも、ちょっと寂しかったかもしれないが、俺は楽しかったよ!
みんな、また来てくれ!

そんな、楽しい「GREEN DAY FESTIVAL in 福岡」でした。満足!!
[PR]
by saka-zuu | 2004-08-11 01:09 | MUSIC