貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

EURYTHMICS「TOUCH」

a0034589_18345152.jpg
1983年発表のユーリズミックスの3作目。
ヒット作で、ユーリズミックスの名前を世界に広めた「スイート・ドリームス」のあとに発表された。
1曲目の「ヒア・カムズ・ザ・レイン・アゲイン」のイントロが流れてくると、空間そのものがユーリズミックスの世界に変わる。このアルバムでは、アニーとデイブのそれぞれのパーソナリティが出ている。最もアニーらしい「フーズ・ザット・ガール」、デイブらしい「ライト・バイ・ユア・サイド」が、どちらも素晴らしい。
レコードでは、B面1曲目になる、「ファースト・カット」が、個人的には最も好きだが、全ての曲がシングルになってもいいくらいポップで、完成度が高い。

彼等の特徴は、デイブの超80年代的「ピコピコ」サウンドもあるが、やはり、アニーの特徴的なヴォーカル。繊細で、しかも力強く、堂々とした、「歌姫」というより、「女王」の風格。ソウルフルなヴォーカルスタイルながら、あんなに細い人は、それまでいなかった気がする。
対するデイブは、ソウルよりも、ブルーズの影響が強い、というのは、しばらくあとのソロアルバムを聴いてから気が付いたんだけど。意外と泥臭いアプローチの曲が、このアルバム以降増えている。

ヒット曲はそこそこあるし、知名度もないわけではないが、そんなにブレイクするようなバンドではない。知らない人もきっといるだろう。ただ、ちょっとしたBGMとかで使われていることが多い。聴いてみると、深みにはまるサウンドともいえる。私にとって彼等は、CDから、イントロが流れてくるだけで、部屋の空気が変わる、数少ないバンドである。
[PR]
by saka-zuu | 2004-08-02 19:09 | MUSIC