貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

DIRE STRAITS「BROTHERS IN ARMS」

a0034589_1027158.jpg
ダイアー・ストレイツの1985年発表のアルバム。
大ヒット曲「マネー・フォー・ナッシング」が収録されている。コーラスにスティングが参加していて、話題になったが、日本でダイアー・ストレイツが初めて売れたアルバムのような気がする。
ダイアー・ストレイツは、ほとんどの楽曲を書き、個性的なヴォーカルとギターを聴かせる、マーク・ノップラーが中心のバンド。とにかく、ギターがかっこいい。ギターが好きな人にはオススメ。大人のロックの一つの完成型がここにはあると思う。
このアルバムは比較的ポップな印象がある。実際、「ウォーク・オブ・ライフ」など、かなりポップな感じの曲もあるが、ダイアー・ストレイツ自身の泥臭さは十分堪能できる。
プロモーションビデオのユニークさが印象的な「マネー・フォー・ナッシング」は、シングルは短いヴァージョンになっている。ちょっと物足りない。アルバムには、マーク・ノップラーのギター・ソロがたっぷり聴ける、フルヴァージョンが収録されている。
タイトル曲の「ブラザーズ・イン・アームス」が最もダイアー・ストレイツらしい曲。ゆっくりと時間が進む、壮大なスケールの曲である。
1曲1曲が長いバンドなんで、レコードでは曲数も少なく、物足りないが、CDでは、一気に聴ける。

もう、解散したみたい(?)だが、マーク・ノップラーのソロ作品は、地味すぎる。
再結成なんかすると、たいていのバンドはコケてしまうのだが、このバンドは、いつまでも変わらぬサウンドをだしてくれそうなので、いつでも帰ってきて欲しい。
[PR]
by saka-zuu | 2004-08-01 10:55 | MUSIC