貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

The Offspring『Rise And Fall, Rage And Grace』

a0034589_12572155.jpgThe Offspringの新作がやっと届いた。
昨年のサマーソニック'07で、力尽きてしまって、かれらのステージにたどり着けずに、遠くから音を聴いていたことを、今更ながら後悔する傑作であり、問題作である。

これまでの彼らの作品を聴いている人ならば、ちょっと地味に聴こえると思う。
何しろ、『Pretty Fly (For a White Guy) 』や『Original Prankster』のような、楽しい(おかしい?)お馬鹿な曲が一切なく、直球勝負のまじめなアルバムだから。
今作のプロデューサ−が、あのメタリカでおなじみの、ボブ・ロックなので、多分ちょっとふざけた曲を作ったりすると、怒られたりしたのかもしれないが。
なんかまじめそうじゃん、ボブ・ロックって。
問題作と書いたのは、その点で、もしかしたら彼らのファンの求めていたものではないのかもしれないから。
ただ、ベスト盤に入っていた『Can't Repeat』からの流れで言うと、結構自然なのかも、と思いもするが。

では、この地味なアルバムが悪いかというと、圧倒的に素晴らしいのである。
ぐいぐい引き込む曲は少ないが、これまでにない(失礼!)”いい曲”が多いのである。
『Kristy Are You Doing Okay』や、『Fix You』と言った、彼らにとっては初の試みと言える、本格的なスローな曲の出来映えには、正直驚いた。
「やればできるじゃん!」と、今更ながらデクスターのヴォーカリストとしての才能を見直してしまった。

お馬鹿なThe Offspringも悪くないが、たまにはまじめに歌ったっていいじゃないか。
このアルバムで、一部のファンは離れていくかもしれないが、とてつもなく大きなファン層を獲得するのかもしれないよ。
グリーン・デイの『American Idiot』や、メタリカの『Metallica』に相当する傑作!と数年後に言われていてもおかしくないアルバムだと思うが、どうだろう??
[PR]
by saka-zuu | 2008-07-17 13:17 | MUSIC