貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

38 Special 大量購入で考える、価値観の違い。

a0034589_20184547.jpg
人それぞれ、価値観の違いがある。
まずは、私自身の長い間の心の動きを書いてみると、まず、「38スペシャルのCDが欲しい!」が始まりである。
私が所有しているのは、現在『STRENGTH IN NUMBERS』の日本盤LPレコードと、『Flashback』というベスト盤CDのUSA盤のみ。
残念なことに、今の私の家にはレコードプレイヤーがない。
アルバム『STRENGTH IN NUMBERS』を聴きたいが、あるのはベスト盤のみ。
このアルバムを手に入れたいのだが、あいにく日本盤は廃盤で、ネットで探すと輸入盤はあるようだが、なんとか中古でいいので日本盤を手に入れたい。
その心の動きから、近所の中古CD取扱店をまわったが、当然のことながら北九州という地方都市では、出会えることはなかった。
次に探したのは、文明の利器ネットオークション。
ここで私の第一の価値観の崩壊は、38スペシャルのCDが法外のプライスで売りに出ていることである。
廃盤だからという理由だろうが、CD1枚に4〜5000円のプレミア価格で出ていたりするのである。
・・・まあ、果たして38スペシャルのCDにそこまでの需要があるとは思えないけど。
私は欲しいのだが、そんな”方”からは買う気は毛頭ない。
そういうわけで、欲しいながらも、ないものはしかたないと気長に探すことに決めたのだが、ついに”その日”が来たのである!!
本日、たまたま福岡市の方に行く用事があって、普段はなかなか行けない中古CD屋にふらふら〜っと入ったら、そこに大量の38スペシャルの日本盤CDが!
それも、1枚500円という、正に「あ〜、これ有名じゃないから、状態いいけどこんなもんでいいや」的なプライスを付けて。
さらに、偶然にも『本日500円以上のCD、1枚200円引き』セール中という幸運。
見るからに状態もいいので、即買い。

・38 SPECIAL
・SPECIAL DELIVERY
・ROCKIN' INTO THE NIGHT
・SPECIAL FORCES
・TOUR DE FORCE
・STRENGTH IN NUMBERS

手に入れた”獲物”は、上記の6枚。
残念ながら、4作目の『WILD-EYED SOUTHERN BOYS』が抜けているのは、なぜだろう?
手放された方が、それだけ持ってなかったのか?・・・いやいやこれだけ揃えたのならば、そんなことはないだろう。
ならば、それだけ気に入ったから、手放していないのか?・・・それも考えにくい。
だったら、全て手放したが、その中古CD屋で、それだけ売れたのか?・・・それも、ちょっと無理がないか?
それとも、別々の人が、たまたま38スペシャルのCDをそれぞれ売りに来たのか?・・・ほかのバンドならあるだろうが、それは可能性が低いかな。
う〜〜ん、真相は如何に?
ただ、明日からまた、『WILD-EYED SOUTHERN BOYS』1枚を探す、私の冒険が始まることに変わりはない。

それにしても、この価値観の違いって何なのだろうか?
こういうCDなどは、欲しい人は”いくら出してでも”欲しいのかもしれないし、知らない人には、ほとんど価値のない物だろう。
だから、『オークションでは数千円』、『地方の中古CD屋では数百円』というずれが生じるのだろうが。

価値観の違いというのは、私の場合は、まず幼い頃の母親とのバトルから始まっている。
幼い頃から物欲が発達している上に、収集癖があったので、とにかく『物をとっておきたい』私と、『無駄(と母親が思う)な物を捨てたい』母親の壮絶な戦いが繰り広げられたのである。
今でこそ、一人暮らしなので、その悩みはないが、実家にいた頃は、とにかく貴重な雑誌を捨てられたり、貴重なミニカーやプラモデルを掃除の度に壊されたり。
まあ、母親からすれば、単なる”本”だったり、”おもちゃ”だったりなので、当然かもしれないが、・・・今でも戦っている”男の子”は多いのではないだろうか?

その延長で、価値のある物にプレミアムがつくのは仕方ないが、果たして38スペシャルが、価値はあっても、需要があるのか?
甚だ疑問だが、もし誰かが「38スペシャルなんて、価値ないよな」って言ったら、私は反論するだろうけど・・・・、彼らを知ってる人も、私のまわりには皆無だし。
もしかしたら、38スペシャルという誰も知らないかもしれないバンドのCDを買って、テンションが上がっている私の価値観が、一番おかしいのかも・・・・。

価値観というか、こだわりというか、これ以上考えても、実になりそうにないので、気軽にこのCDを楽しもうと思う。
[PR]
by saka-zuu | 2008-05-25 21:02 | MUSIC