貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Arctic Monkeys『Favourite Worst Nightmare』

a0034589_14111116.jpg
昨年、ブログを中断する直前にここで書いたのが、アークティック・モンキーズの1stアルバムの話であった。
この2ndアルバムが発売される直前のタイミングでもあり、このアルバムのことも書く予定であったのだが・・・・。

ということで、昨年春に発売された『Favourite Worst Nightmare』
すでに、1stアルバムで十分すぎるほどの才能を見せつけた彼らが、1年ほどのインターバルで2ndを発表してきたのは、異常なスピードと言える。
彼らからすれば、アイデアが溢れ出すぎて、どんどん形にしたかった、のかもしれないが、・・・さて。

先行シングルの『Brianstorm』のイントロから、思いっきり『アークティック節』炸裂!
1stと同じく、全編押しまくるのかと思いきや、若干聴かせる曲も織り交ぜるという、小器用さも見せる。
シンプルで、”走りまくる”ギターと、スピード感溢れるリズムの絶妙なバランスは健在。
1stとのあからさまな違いを見いだせぬが、彼らの特徴はしっかりと残したままの期待通りの音を楽しんだのだが・・・・。

昨年、私も足を運んだ『Summer Sonic 07』の”とり”が、彼らだった。
フェスでの珍道中はまたの機会に書くとして、メインで登場した彼らの勢いは、凄まじかった。
まだまだ初々しいステージングで、2枚のアルバムの曲をまんべんなく演奏し、約1時間程のステージを一気に聴かせた。

アルバムのイメージも、ライヴのイメージも、圧倒的に素晴らしい!
ただ、何かが足りない・・・・。
それは何か????
・・・彼らのせいではないのだが、どうも今後の展開が見えてこない。
もしかしたら、次にものすごい隠し球を用意しているのかもしれないし、1stアルバムが売れたから、とりあえず、2ndもその方向で、となったのかもしれないが。

次に必要なのは、変化を付けるプロデューサー?
グリーン・デイや、マイ・ケミカル・ロマンスのように、コンセプト性を持たせることが正解だとは全く思わないが、このままの音を鳴らし続けることが、彼らを支持しているファンの求めているものとは違う気がする。
・・・私の身勝手なわがままだとは思うけれど。
ただ、これだけの音を作れるバンドなので、どのような形にせよ、次が楽しみなのは言うまでもない。
このアルバムに満足しつつも、不安を持ちながら、次に期待を持たせる、私にとっては、ある意味理想的なアーティストと言えるだろう。
[PR]
by saka-zuu | 2008-04-25 14:50 | MUSIC