貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

PAUL McCARTNEY&WINGS「BAND ON THE RUN」

a0034589_0479.gif私が、プリンスと並び天才と認める、ポール・マッカートニーの傑作。私にとってのポールの最高傑作である。

これ以前のソロ作品は、「ビートルズのポール」としては不満が残る内容の作品であった。思うに、ビートルズとは違う自分を出すことに躍起になり、ポール自身の良さがでていなかったように思う。
ジョン・レノンがビートルズ後期になると、ポップ性を排除して行き、自分のスタイルを確立していったのとは対照的に、ポールの作風は、ビートルズのポップ性を象徴していた。実は、それがポールのスタイルだったのだが、それを全面に出すと、ビートルズとの「差別化」ができなかったからだと思う。その差別化のために作ったそれまでのアルバムは、ポールの本当の良さが出ていない。ソロ作品は地味な作りになり、「WINGS」名義のアルバムは、アレンジに無駄が多く、バランスが悪かった。・・・あくまで私見だが。
そのポールのスタイルであるポップ性が、この「バンド・オン・ザ・ラン」で見事に復活する!
レコードに針をのせる(CDプレイヤーに入れる)と、すっきりと、しかもしっかりとしたギターイントロ。幸福の50分が始まる。どの曲も、なにかが吹っ切れたかのように瑞々しいポップチューンに仕上がっている。適度にアレンジされ、全ての楽器が美しくハーモニーを奏でる。

このアルバム以降のポールは、自らのポップ性を全面に押し出し、傑作を出し続ける。また、それまでは距離を置いていたビートルズ作品をライヴで取り上げるなど、ビートルズの「呪縛」から解放されて行く。
そのきっかけとしても、重要な作品といえるのでは・・・、と私は思う。
[PR]
by saka-zuu | 2004-07-20 00:48 | MUSIC