貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

PRINCE&THE REVOLUTION「PURPLE RAIN」

a0034589_23555.jpgプリンスが大好きだ。
分からない人は「気持ち悪ーい」なんて言いやがる。そういう人は、損をしていると思う。世の中にある、素晴らしい音楽のひとつを聴けないんだから・・・・。
私はミュージシャンに対しては、あまり「天才」という言葉は使わないようにしている。彼等の努力が「天才」という一言で無になるような気がするから。やはり、スーパースターになるようなミュージシャンは、裏での努力は並大抵のものではないだろう。自らのアイデンティティを切り売りし、輝きを増すことでスターの座を死守しているはずだから。
しかし、あえてプリンスは「天才」と思っている。私が「天才」というミュージシャンは2人だけ。このプリンスと、ポール・マッカートニー。ポールのことは、またの機会に・・・・。

その「天才」プリンスの日本での出世作。
同名映画のサウンドトラック盤として発売され、私の買った日本盤のレコードは、なんと紫色!うおー、うれしいー、プリンス万歳ー!
曲は、かなりポップ。このあと、「アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ」で商業主義でないポップさを表現したのとは対照的に、サービス精神旺盛なほど分かりやすく楽しい音。
そして、意外かもしれないが、「ギタリスト・プリンス」が全面に出ている。それまでも全ての楽器を自らあやつり、ギターの素晴らしい曲も多いが、このアルバムほど「かっこいい」ギターを披露するのは初めてではないだろうか。

このアルバム以降のプリンスは孤高の存在として、異常なほどクオリティの高いアルバムを毎年毎年リリースしていく。ほとんど駄作のないアルバム群のなかで、このアルバムのポップさで評価を下げている人もいる。しかし、私はプリンスのアルバムが無性に聴きたくなるときがあり、そんな時に一番に聴くのが本作である。

んで、今日聴いたので、書きました。
何百回聴いても、いいアルバムです。
[PR]
by saka-zuu | 2004-07-18 23:56 | MUSIC