貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2006年 CD購入総括!!

今年も、あと2日となった。
例年、その年買ったCDで、”ベスト〜〜”というのを勝手に決めているのだが、今年は新譜をあまり買っていないので、選びにくい。
なんだか、思い返して印象に残っているのが、”紙ジャケ再発”と”ベスト盤”ばかり。

”紙ジャケ再発”に関しては、もう数年間から洋楽好きの間では流行っていたが、私自身はあまり積極的に買うことはなかった。
だって、ラックに納まり悪いやんか・・・、という理由だけではないんだけど。
どっちかと言うと、”再発”ということは、以前に買っているもの(レコード含む)をまた買うのは、どうも納得がいかない、・・・と言った方が正しいか。
しかし、そんな私の背中を押したのが、ボストンであった!!
まず、第一に、レコードは聴けない(家にプレイヤーがない)上、現在持っているCDが、音が悪すぎる、という不満を、トム・ショルツ自身が解消してくれたのだ。
価格も1.890円という、お手軽価格なので、まず恐る恐る『DON'T LOOK BACK』を買って、聴いてみると、驚く程音がいい!!
そして、1stも買ったのだが、年末になって、ジャーニーが出たことで、またまた狂って(?)しまった。
どれもこれも、”完全限定盤”ってのも、うれしいやらうれしくないやら。
なので、今年1番印象に残ったアルバムは、『FRONTIERS』です・・・・。

また、”ベスト盤”も多かった。
それにしても、U2にはやられたね!!
まさか、グリーン・デイを引っ張りだしてくるとは、反則だよ。
ただ、私のベストなベスト盤は、ジャミロクワイやったね。

a0034589_21203463.jpg
そんな中、頑張ったオリジナルアルバムのナンバ−1は、『SHINE ON/JET』。
デビューアルバムは、勢いで押し切った感じで、清々しかったが、2枚目はちょっと脳みそ使いました、って感じかな。
もちろん、パワー全開の曲も多いが、バラード曲もクオリティアップしていて、一発屋で終わらないかっこよさが随所に表現されている。
欲を言えば、今作は彼らの幅広い音楽センスを見せるためにか、バラエティも富み過ぎている感じがしないでもないので、次作はもっと飛ばしてもらいたいとも思う。

a0034589_21275337.jpg
それと、実は同点で1位としてもいいかなあ〜、と思ったのが、『BACK TO BASIC/CHRISTINA AGUILERA』。
本来なら、見向きもしないタイプのヴォーカリストだが、初めてラジオから流れてきた「AIN’T NO OTHER MAN」を聴いた時に、完全に一目(耳?)惚れしてしまった。
このアルバム限定で言えば、相当かっこいいし、完璧な歌姫だと思う。
ただ、短くても良いので、できれば1枚に凝縮してくれると、もっと内容の濃いアルバムになったのでは、と思ってしまうのは、私だけだろうか?
[PR]
by saka-zuu | 2006-12-30 21:37 | MUSIC