貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

一ヶ月も更新をさぼって・・・・F1編。

今年のグランプリも残り少なくなった。
相変わらず、毎戦ケーブルテレビで生中継を見ているのだが、大きなニュースがいくつかあった。

其の1・・・HONDA第3期初優勝!

大混戦のハンガロリンクで、ジェンソン・バトンが初優勝。
とりあえずおめでとうだが、実際には一昨年、BARチームでひとつくらいは勝っていなければいけなかった。
勝ったことは素晴らしい!!・・・しかし、本当にチャンピオン争いが出来るマシンになったかと言うと、・・・否。
第1期は、挑戦することに意義があり、グランプリで『活躍』したことで使命を終えた。
第2期は、エンジンサプライヤーとして、『勝利』をしたが、個人的にはそれまでのどこか牧歌的であったグランプリをシステマチックにした功罪は大きかったと思う。
そして、第3期は、当初BARと共に戦ったが、勝利を得られず、単独チームになって、初年度に勝利を得た。
今後、グランプリがどういう方向に進む(進化?退化?)かはわからないが、この勝利がHONDA最後の勝利にならないことを祈る・・・・。

其の2・・・ミハエル・シューマッハ引退!?

正直、なぜ引退しなければならないのか疑問だ。
マスコミはさかんに彼を追いつめていたが、いまだにトップレベルのスピードがあり、彼を凌駕する存在が現れていないのに。
ましてやフェラーリ・チーム自身が彼の引退を示唆するような印象を、ずいぶん前から漂わせるのは不思議でならなかった。
フェルナンド・アロンソは昨年チャンピオンになったが、まだまだミハエルを凌駕しているとは、到底思えない。
キミ・ライコネン?ジェンソン・バトン?フェリペ・マッサ?・・・誰をして、ミハエルの代わりになる?
ロバート・クビサはいい素材だが、まだまだ時間がかかるだろうし、出世街道から外れた佐藤琢磨では・・・・。
年齢的には厳しいと言うが、現在のトレーニングは格段の進歩を遂げているので、まだまだ限界とは言えない。
それよりも、彼を追い出そうという勢力にうんざりしたとしか思えない。
住みにくい世界なんだね、グランプリって。

其の3・・・クリスチャン・クリエン、レッドブルをクビ!

私の一押しドライバークリエン君が、デヴィッド・クルサードとのチーム内争いにあっさり破れ、シートを失った。
本来ならば、今シーズン終了まで契約があったのだが、その後の進路を巡っておとなしそうなクリエンらしくないごたごたがあって、残りのレースを剥奪されてしまった。
チームとしては、IRLへの移籍を約束したらしいが、本人が「F1じゃなきゃやだ!!」とだだをこね、ぽいっと捨てられてしまった。
どうやらMF1と交渉中らしいが、・・・がんばれクリエン!!

それにしても、最近ストーブリーグが早すぎないか??
フェルナンド・アロンソのマクラーレン入りなんか、シーズン前に決まってるなんて・・・・。
もう、来シーズンのシートもほとんど決まってるし・・・・。

今年もあと3戦だが、文句を言いながらもしっかり楽しみにしているんだけどね。
[PR]
by saka-zuu | 2006-09-19 01:19 | F1