貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

F1 2005年ドイツGP レビュー

相変わらず、強さともろさが表裏一体のマクラーレン・メルセデス。
予選では、圧倒的なスピードのキミ・ライコネンがトップタイムを出せば、チームメイトのファン・パブロ・モントーヤが果敢にアタック。
しかし、最終コーナーを世界最速の(?)ドリフトで駆け抜けたライコネンに対し、モントーヤはスピンでマシンを壊し、最後尾スタート。
レースでは、両者の明暗が全く別の方向に向いて、トップ独走中のライコネンがハイドロのトラブルでリタイア。
次戦は、抜けないハンガロリンクの予選を、トップでスタートしなければならないということで、このレースのノー・ポイントと合わせて、かなり厳しい結果となった。
皮肉にも、モントーヤは最後尾スタートから、鬼神の走りで2位フィニッシュ。
シーズン序盤にモントーヤに頻発したトラブルが、ここに来てライコネンに移ったか?

勝ったのは、やはりというか、今や盤石のフェルナンド・アロンソ。
シーズン12戦目で、6勝は立派というしかない。
このレース、4位にジャンカルロ・フィジケラが入って、ルノーが唯一のW入賞。
チームそのものも好調だし、マクラーレンがトラブルと戦っているようならば、このまま突っ走ってしまうかもしれない。

BARホンダは、ジェイソン・バトンが、今季初表彰台の3位フィニッシュ。
ここ3戦、着実にポイントを獲って、マシンも信頼性を取り戻してきた。
問題は、このレースもノー・ポイントの佐藤琢磨。
あくまでも、私個人の意見だが、佐藤琢磨は、スタートの1周目がとんでもなく下手なのではないだろうか?という気がする。
一般的な見方では「琢磨はスタートがうまい!」と言われているが、それはスタートからほんの数百メートル、1コーナーまでで、そこから気が抜けるのか、突然遅くなり、他車に絡まれたり、自分から追突したりが実に多い。
それは、アグレッシブということとは違って、最も注意を要する1周目の走り方が甘い、と言わざるを得ない。
このまま、唯一のノー・ポイント・ドライバーが続くようならば、来年のシートは危ういし、本来、実力で獲得したシートのはずだが、”ジャパニーズ・マネー・シート”と言われかねない。

個人的にこのレースで最もエキサイティングだったシーンは、レッド・ブルのクリスチャン・クリエンが、フェラーリのルーベンス・バリチェロをオーヴァー・テイクしたシーン。
ポイント圏外の闘いで、注目されないが、ここまでフェラーリは堕ちてしまったということか・・・・。
来シーズンは、同じエンジンを搭載する両チームだが、まさか、王者フェラーリがレッド・ブルの後塵を拝するとは、シーズン前には予想もしなかったことだ。
歴史は繰り返すというが、このまま、フェラーリは10年前の”中堅チーム”に逆戻りしてしまうのか・・・・。
a0034589_0205484.jpg

[PR]
by saka-zuu | 2005-07-26 00:21 | F1