貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー

F1 2005年イギリスGP レビュー

これから、ヤルノ・トゥルーリを”校長”と呼ぶことにしよう。
先週のフランスGPに続いて、再び”ドライヴィング・スクール”を開校し、有力ドライバーを次々に”入校”させた。
ただし、今週は生徒達が無事(?)に卒業し、トゥルーリ本人は9位完走でポイントを獲得することはできなかった。

レースは、フォーメーション・ラップでBARの佐藤琢磨がストップ。
2周遅れでレースに復帰するが、またしても運に見放された。

スタートすると、ポールのルノーのフェルナンド・アロンソを抑え、3番手スタートのマクラーレンのファン・パブロ・モントーヤがトップを快走。
2番手スタートのBARのジェイソン・バトンは、じりじりと離され、マシンの絶対性能の違いを見せつけられた。
このレースも、抜きどころが少なく、ピット作戦が重要になったが、唯一のコース上の見せ場は、ピットイン前のタイミングで、マクラーレンのキミ・ライコネンが、アロンソをパスしたことか。
レースの結果を考えれば、そこで抜く必要はないのだろうが、あまりにも見事なパッシングに、マクラーレンの底知れないパワーを感じた。
結局、レースを制したのは、今季初勝利のモントーヤ。
2位にアロンソが入り、3位にライコネン。
アロンソにすれば、2位ではあるがライコネンよりも前でフィニッシュしたことで、チャンピオンシップを考えれば素晴らしい結果と言える。
ただし、本来ならば3位もあったジャンカルロ・フィジケラが、ピットでのエンストでライコネンに逆転されたのは、チームとしては痛かったかもしれない。

今回のレースで、現時点でのチーム力がはっきりした。
1、マクラーレン・メルセデス
2、ルノー
3、BARホンダ
4、フェラーリ
5、トヨタ
の順で、マシン自体のクオリティが高いことがわかった・・・、あっ、ウィリアムズを忘れた、・・・まあ、いいか。。
そこで、問題があるとすれば、マクラーレンは信頼性、BARは佐藤琢磨の不運、フェラーリは成長力。
これらが解決すれば、マシンクオリティの順にチャンピオンシップは決するはず・・・、だが、もうシーズン後半だ。
しかし、もう一波乱ないと、面白くない。
期待は、チャンピオンシップに関係なさそうな、モントーヤ、佐藤琢磨、トゥルーリがいかに引っ掻き回してくれるかどうかだ。

・・・個人的に期待のクリスチャン・クリエンは、蚊帳の外か・・・、しょうがない。
a0034589_20245841.jpg

[PR]
by saka-zuu | 2005-07-11 20:25 | F1