貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

SUM41 JAPAN TOUR 2005

a0034589_0223775.jpg
SUM41のジャパン・ツアーの最後を飾る、福岡公演に行ってきた。
会場は、Zepp Fukuoka。
福岡では、何度もライヴに行っているが、実はここは初めて。
オールスタンディングの会場でも、ちょっと息継ぎをすればいいのだが、毎回暴れ回ってしまう・・・・。

開場16:00、開演17:00というのは、日曜日とは言え、ちょっと早過ぎないか?
そうか!メンバーが終わった後に、中州に繰り出すのか!、・・・ってことはないか。

オープニングアクトで、NO WARNINGが出てきたのが、丁度17:00。
適度に開場を暖めて、主役を待つ。
ここで、会場後方から、中程に移動し、戦闘準備(?)完了。

17:50、SUM41が登場!!
新作『CHUCK』、前作『DOES THIS LOOK INFECTED?』を中心に、マシンガンの如く曲がはじき出される。
スタジアムではない、Zeppという”小さな箱”が、彼らのエネルギーを満たす。
あ〜、苦しい〜、でも、じっとしていられない〜!!
意識が朦朧としてきた頃に、『Still Waiting』が飛んでくる。
・・・完全燃焼。

まだまだ、この連中は発展途上だ。
今日のライヴを見て、それを確信した。
・・・下手というわけではなくて、何かが足りないわけでもなく、更に大きくなる予感がする。
次にくる時も、どんなに売れていても、またこの”小さな箱”で、ライヴをやって欲しい。
決して、となりの”ヤフードーム”ではなくってね。
[PR]
by saka-zuu | 2005-03-07 00:45 | MUSIC