貴重な毎日を浪費しながら、人生の約半分が過ぎた模様。これからも、いつの間にか過ぎていく時間を、傍観していく予定。


by saka-zuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

WANG CHUNG 『MOSAIC』

a0034589_22322630.jpg
昨日、今年最後の『CD屋巡り』をする。
昨年までは、埼玉にいたので、東京まで出れば、無限にCD屋が存在し、廃盤や貴重盤を探す楽しみがあったのだが、小倉ではそうはいかない。
洋楽の充実している中古CD屋が2軒、HMV、TOWERが1軒づつ。
あとは、ブック・オフが数軒。
一日で余裕でまわれる上、たいした成果も上がらなかった。

その中で、思わず”にやっ”としてしまうアルバムを買った。

1986年発表の、ワン・チャンの『モザイク』。
中古CD屋で、390円という超特価で、いかにも”残ってます”という感じ。
輸入盤かと思ったが、国内盤で、レコードについていたのと同じライナーが付いている。
『エブリバディ・ファン・トゥナイト』というヒット曲が収録されていて、当時は結構売れた記憶があるが、今年、USAトゥデイの選出した、”'80年代ワースト・ソング・ベスト50”で、見事に3位を獲得してしまっていた。
ちなみに、”80年代ワースト〜”では、スターシップの『シスコはロックシティ(WE BUILTTHIS CITY)』で、・・・これも、アルバム『フープラ』が私のCDラックにあるのだが。
しかも、どちらもピーター・ウルフという人のプロデュースだが、Jガイルズ・バンドのピーター・ウルフとは別人。

バンド名のユニークさからも、なかなか評価されないが、まあしょうがないだろう。
たしかに、いわゆる”ロックファン”にとっては、魅力の少ない作品だが、この軽さが実にわかりやすくて楽しい。
なんと言われようと、この『楽しさ』、『軽さ』が結構好きだったりする。

今年の最後のCD購入がこれ、というのはなんだか複雑だが、まあそんな『申年』、『年男』だった。
[PR]
by saka-zuu | 2004-12-30 22:55 | MUSIC